東方時遡本

ろん氏の東方RPG第6作「東方時遡本」の攻略ページです。
作者 ろん 氏
作者サイト ろんさんのいろいろバンザイ♪
制作ツール RPGツクール2000
ジャンル RPG
最新ver 1.10(2013/07/07現在)
動作環境 Windows 7/Vista/XP
メインキャラ 紅魔館の住人達
価格 フリーウェア


ストーリー:
六月の終わり頃・・・・・・とある梅雨の日。
吸血鬼は、こんな日は外に出られないので憂鬱です。
タイミングよくパチュリーが出かけているので、
レミリアはお供の咲夜を連れてこっそりと図書館の奥へと進んでいきます。
そして二人は奥で不思議な光景を見ることになるのでした・・・・・・。

特徴:
シンボルエンカウントを採用し、16話程度。
キャラ毎の役割を理解し、しっかりと防御を使えば負けることはまずありません。
パーティ同士の会話や、ちょっとしたパズル要素もあり飽きの無い内容になっています。

月齢システム

この作品の大きな特徴です。
月の状態によって、パーティの強さがガラリと変わります。

基本的に月が満月に近いほど強くなり、新月に近づくほど弱くなります。
また、月の影響はレベルに正比例します。

咲夜:
月の影響を少し強めに受けますが、バランスの良い強さを持ち素早さに優れる。
(月齢16の時に真の強さを発揮。定数は10)

レミリア:
月の影響を素直に受けますが、攻撃力・HPに優れる
(満月時に真の強さを発揮。定数は20。日光や水等に弱い)

パチュリー:
月の影響を普通に受けますが、魔法攻撃と精神力に優れる
(月齢3の時に真の強さを発揮。定数は15。魔法攻撃には絶大な防御力を誇るが、物理攻撃に弱い)

フランドール:
最も大きく月の影響を受けますが、攻撃力・MPに優れる
(新月時に真の強さを発揮。定数は-25。レミリアと同様の弱点を持つが、スペルの燃費は良い)

小悪魔:
月の影響を殆ど受けず、バランスの良い強さを持つ
(定数は5。攻撃力とHPに特に優れる)

の5人を上手く使い分けて進みます。

属性と弱点

前作と同じく、味方と敵に属性と大まかな弱点が設定されています。
属性は各キャラの特徴みたいなもので、名前の横に表示されます。

属性毎に弱点があるので、しっかり把握していけば戦闘がぐっと楽になります。
ただ、味方にも同じことが言えるので注意する必要があります。

(例を挙げると、咲夜は属性が『人』なので射撃属性の攻撃に弱い。
レミリアは属性が『悪』なので、水や日の攻撃に弱い)

ドロップアイテムについて

今作は、ボスがドロップアイテムを落とします。
確率はボス毎に違い、あれば便利というものなので無理に狙う必要は全くありません。
(おおよそ10%~25%位ですが、更に確率が低いものもあります。終盤のボスは一律100%で、確実にドロップします) 

余力がある・暇な時にセーブ・ロードを繰り返して狙う…のも一興かもしれません。