※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KeyInputEmulator


ダウンロードページからダウンロードしてください。






特徴

  • キーボード入力をエミュレートするソフトです。
  • 通常のキー入力以外にも、仮想キーコードを直接指定することも可能です。
  • 単一キーの入力だけではなく、複数キーの同時押しや連続したキー入力を実行することができます。
    • キー入力の前後に待ち時間を入れることもできます。
  • 通常の「キーを押して離す」動作以外に、キーダウン(キー押す)やキーアップ(押したキーを離す)も可能です。
    • この機能を利用すれば、範囲選択用にShiftキーを押した状態のままとしたり、左右ソフトキーの長押しが可能です。
      • 範囲選択については、ShiftLockの導入も検討すると良いと思います。
    • キーダウンを実行しても、キーボードを押したままにした時のような連続入力は行われません。
  • 実行するキー入力の指定は、起動パラメータでの直接指定とファイルによる間接指定が可能です。
  • デバイスのロックやサスペンドも行えます。
    • キー入力のエミュレートにより実現しているため、回線切断や無線LANオフを行う機能などはありません。
    • デバイスロックはToday画面に「デバイスをロックする」を表示して押したのと同じ効果があります。
      • Today画面以外からでもデバイスのロックが行えます。
      • ロック中でも画面の表示は更新されます。
      • ロック中に電話が掛かってきた場合、ロックを解除してからでないと電話に出られません。



レビュー・紹介

本ソフトのレビューや使用方法の紹介などをしてくださっているページです。