ゴアラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大四国の名物キノウエフクロコグマが観光客に甘やかされてつけあがり、贅沢してスクスク
と大きくなった結果生まれた肉食有袋類
体長5m以上の巨体に鋭い爪と牙を持ち、おもに10頭ほどの群で野生の大四国牛を襲う
三月になると冬眠から目覚めた群は飢餓に駆られ、獲物を求めて大移動を行う
この時期のゴアラは非常に危険で、通り道にいる生き物をことごとく食い殺してしまう
その為に大四国民は大移動を恐れ、最初の犠牲者シャーロッテちゃん(チワワ・メス3才)に
ちなんで「ロッテ・ゴアラのマーチ」と呼び外出を控えるという
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。