バン・アレン帯


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地球磁場にとらえられた陽子・電子からなる放射線帯
一定の周期で生物を発情させる宇宙線が放射されることが
北米の日系天文学者、蛮=アレンの研究で明らかになっており、
この事は生物の繁殖に大きく影響しているともいわれ生物学会においても
注目度の高い話題である
この宇宙線が最も多く降り注ぐのは2月中旬とされ、この時期は
世界各地で雌雄の性的接触が確認されている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。