十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド序章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日は酷い嵐だった…
次郎の手に握られた刀が、そして地面に散らばった鏡の欠片が、稲光を反射して青く光る

眼前には、戦闘能力を奪われた無力な少女

「アナタなんかに…!アナタなんかに何がわかるの!?」

「わかんねぇよ」

地面に手を伏せ、泣き続ける少女の言葉を、次郎はあえて突き放す

「…勝たなきゃ意味がないの!アリスはその為に…その為につくられたの!!」

そう叫びながら、散乱する鏡の欠片を手にした少女は次郎に体当たりをする

「…だからってお前は自分を信じてた仲間を裏切るのか?アリス、俺はお前が背負ってる物

 何なのかは知らねぇ。事情もしらねぇ。けどな…」

欠片を押しこまれ、傷口からさらに血が流れ出す。だが次郎はその痛みに耐えながら言葉を
続ける

「仲間ってのは…仲間ってのはどんな事があっても裏切っちゃなんねぇんだよ!
 裏切っちまったら、もう仲間じゃなくなるんだよ!
 その時、お前は一人ぼっちになるんだ!お前はそれでいいのか!?
 あれを見ろアリス!そう、あれだ。あそこで無残に倒れてるアイツらは何だ!?」

次郎の指さす方には、無残に引きちぎられた鎖鎌と、代わり果てた姿の田中茂を筆頭に
数多くの聖天が倒れていた

十六聖伝外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド序章~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。