十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド二章前編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おや、兄さんも行きはるんですか? 困ったわぁ…。兄さん行きはったら、本部の守り手
おらんようになって
ウチが残らなアカンやないですか。万が一の時は格好よく登場したろ思うてましたのに」

「…HAHAHAHA。トムデース」

皮肉たっぷりに攻撃ならぬ口撃をしてくる西園寺から、逃げるようにトムは姿を消す

「変わったな、カイン…兄さん」


人類最初の罪人であり、自分からめったに動くことのない兄が、今仲間のために行動してい

そんなトムを見て西園寺は、人は変われるのだな、笑みを浮かべ、トムが向かった先…次郎
達が
そして仲間達が居るであろうう場所に目をやる
これは次郎の人徳がなせる技なのだろうか…。恐らくはそうではあるまい。次郎の、そして
皆の善意が伝染し、広がっているのだろう
ここにきて、十六聖天という組織が初めて一つになり、そして平和に向けて歩き出した
西園寺はそんな気がしていた


「なん…だと…」
一方、次郎はかつてない程、動揺していた
手も足も出ない…これほど圧倒的な危機に直面したのは、彼にとっては初めての事だった

どうすればいい。どうすればこの状況を切り抜けられる。汗が頬を伝う

「も~!次郎のヘタクソ!」
『次郎、才能ないね』
「次郎様、頑張って…」

そんな黄色い声を背に、再び彼は強的に向き合う
財布の中はもう1700円しかない。今月はまだ20日ある。どうすればいいんだ…

事のあらましは、こうだ。軽い食事を終えた三人は、決して口には出さないが、ゲームセン
ターの前を通った時
体中から入りたいというオーラを出していた沙羅とデスメタル、そして食事が終わったと同
時に暇だと暴れ出したアリスに考慮し
ゲームセンターでクレーンゲームに興じていた。純粋な善意から、三人に人形を取ってやる
といったのが
悲劇の始まりだった。

最初は良かったのだ、最初は。運よく白い兎のぬいぐるみを落とし、それをまずアリスに手
渡した
その時のアリスの喜びようといえば、千里眼で彼らを見守るカイザーやナナエルの頬が緩む
ほどであった
だが、カイザーは対象を360°全周囲から見ることができる。その能力故に彼は気付いてい

純粋に運が良かっただけだという事に。そして、他の人形は極悪な配置で、相当な金をかけ
ないと取れないという事に
その状況を理解しているだけに、カイザーは一人つぶやいた

「地獄だ…。ここからが本当の地獄だ」
「お兄様?どうかなされたんですか?」
「いや…なんでもない」

死ぬなよ次郎、と彼は神に祈った。

そして魔眼の兄妹とは別に、三人を見守る影がもう一つあった
明らかに一般人ではない見た目、というかヤクザである。
だがそのサングラスの裏に隠された眼差しは
この場にいる誰よりも優しい事を、遠巻きに怖がっている民間人は知らない
彼こそは十六位 徳間秋太郎である
(お嬢… あんなに明るくお笑いになって…秋太郎は嬉しゅうございます)

「ナナエル、あそこにいるヤクザみたいな奴。そう、あれは恐らく徳間だ」
「えぇ。存じております。それがどうかなさったのですか?」
「あぁ。次郎にこれを渡すようにと、徳間に伝えてくれ…」

(お嬢… あんなに明るくお笑いになって…秋太郎は嬉しゅうございます)

「ナナエル、あそこにいるヤクザみたいな奴。そう、あの不審者。あれは恐らく徳間だ」

「えぇ。存じております。それがどうかなさったのですか?」
「あぁ。次郎にこれを渡すようにと、徳間に伝えてくれ…」

次郎の残金が500円を切ろうとした時、カイザーにも我慢の限界が訪れていた


元々カイザーは完璧主義者である。次郎に負けたことに遺恨はない。むしろ感謝している程

だが、自分に勝った男のあまりにも無残な様は、完璧主義者の彼には我慢ならなかったのだ

そしてもう一つ、先ほどから気になっている事がある

「まぁ、お兄様ったら」

良く見れば頬が紅い。なるほど、素直ではない兄の精一杯の優しさでもあるのだろう。ナナ
エルは快くそれを了承する

「徳間様の元へ向かいますわ。しばらくお兄様一人になりますけど、油断なさらないでくだ
さいね」

「私を誰だと思っている…!さっさといけ…!」

ナナエルが視界から消えると同時に、カイザーは後方に立つ人物に向けて言い放つ

「先ほどからチョロチョロと鬱陶しい蠅だ。このカイザー・ヴェルドバングを抜けると思っ
たのか…?」
「へぇ…データと全然違うじゃない。妹さん逃がしたんだね。優しいんだ」

クリムゾンブロウ曰く「麻生が秋葉にいてびっくりした」
ブラックパイソン曰く「そんな事よりコイツを見ろよ…3Dカスタム少女だぜ…嗚呼…」
十六聖伝外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド二章前編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。