十六聖天異聞「死神と悪魔」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「卑怯者」
『……なに、貴女?』
「卑怯者って言ったの。聞こえなかった?それとも臆病者の方がいいの?悪辣の死神デスメタル」
『知った口をきかないで。不快』
「知った口、知った口ね。知ってるわよ、だって悪魔だもの。悪魔の目は人間の弱いところを見抜くのよ。わかるでしょ、弱くて儚い人形使い」
『…………』
「こんどはだんまり?本当に弱いのね。まさかその人形だけがオトモダチってわけじゃ……そうみたいね」
『うるさい。用があるなら早くして。用がないなら早く消えて』
「用ならあるわよ、嫌がらせ。ふん、そんなもの纏って凄みを見せても弱さは隠せないの。むしろ弱いまま。本当がない人間はずっと弱いまま」
『何も…何もわからないくせに!』
「だーかーら、わかるんだって。怖いんでしょ、本当の自分を見せるのが。ああ、むしろ逆なのかな。力を受け入れられないから自分も受け入れられない。それが怖い」
『うるさいうるさいうるさい!』
「否定できないから遠ざける。答えを出したくないから考えない。本当に卑怯ね。逃げてばかりの卑怯者。大事なものからも逃げてく臆病者。楽しい?楽しい?でもね、いつか後悔するわ。そのとき私は嘲笑ってあげる。やっぱりってね」
『…………』
「ああ、もう反抗する気力もないの?つまらない。つまらないわ。つまらないからもう帰るけどね、覚えておきなさい。いつか必ず後悔する。楽しみに待ってるわ。じゃあね、卑怯者のデスメタル」

『……このままじゃだめなの?ねえ、教えて……アリス……ジロウ』
十六聖天異聞「死神と悪魔」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。