メタルプレジデント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界一の先進国、アメリカ合衆国は常に世界をあらゆる分野でリードしてきた。それは科学の分野においても同様である。
度重なる政治家の不祥事や、外交政策のミスなどにしびれを切らしたNASAが生み出した、全く新しい大統領。
それがメタルプレジデントである。
小型核融合炉を動力としており、恒久的に運用が可能
また、オリハルコニウム製の内部骨格に、ビブラニウム製の外殻、そしてアダマンチウム製の爪と牙を持ち、不測の事態に対応する。

マッハ18で飛行可能で外交目的地へいち早い到達も実現させた。
内蔵火器は200m重機関銃‐メタルウルフ‐劣化ウラン弾を一分間に二千発標的に叩きこむ
衛星を仲介して、大統領は万引きに至るまで小さな悪を見逃さない。
現在三号機までロールアウトしており、この合衆国大統領が全13機量産された暁には、永遠の平和が訪れるとNASAは報じている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。