ギデオン・トリプルプレイ・グランドスラムとナナエル・リキテンシュタイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「よーうナナちゃん元気~?」
「ひゃうっ!ななな!何するですか!」
「はっはー、また一段と良いケツになってきたじゃねえか。どうだ?オジサンとこれからイイことしない?」
「ふ、ふざけないでください!だいたいなんでギデオンさんがここにいるんですか!大学の敷地内は部外者立ち入り禁止なんですよ!」
「あれ?ナナちゃん知らなかった?俺ここの講師やってるんだよ。あ、単位足りないならいつでも言ってきてよ。ナナちゃんだったら一発でイイよ」
「何が一発なのかは知りませんが、話すときは人の目を見て話しましょうね。それともそんなに私の足が気になりますか」
「絶対領域萌え!」
「焼くぞ変態」
「痛い痛い!わかったから、わかったからゴールデンアイは止めてくれ」
「はぁ…これで私より上位の存在かと思うと」
「胸がドキドキ?」
「触るな!死ね!変態!」
今日もまたギデオンの楽しい1日が始まったのだ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。