十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド 最終章 第二話~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<次郎!次郎!>
「次郎様…!次郎様…!」
「へ…何てこたァねェよ…」
「あら強がり。けど凄いわァ…。よくあの体勢から二人も庇えたわね。死角なんてないはずなのだけれども」

豪奢なドレスに、くるりと髪の毛をロールさせた少女―リーザロッテは笑う
二人の少女をかばい、自身の能力、クイーンオブハートの槍で射抜かれた次郎
もし次郎が万全なら、誰一人傷つかず、この目の前の少女を当て身で倒していただろう
だが、二人の少女を庇った時、一ヶ月前アリスに刺された傷が呻いたのだ
高速の攻撃一瞬の隙は致命的である。その隙が次郎を
標本の虫ように、地面に串刺しにさせていた

次郎は体を貫く熱いモノと、血液の流出から来る寒さ、真逆の感覚に耐えながら思考を巡らす
何故、もっと早く気付かなかったのか、と。もっと早く気付けなかったのか、と

「うふふ…まぁいいわ。あなたイイ男だしトドメは刺さないであげる
 わたくしの目標はあなたじゃありませんしね」

最も、その傷じゃ死ぬかもしれないけどね、と付け加え
リーザロッテは二人の少女に笑いかける

「さぁて、どちらなのかしら。金色の魔眼の持ち主は」

もしデスメタルが仮面で顔を覆っていなければ、リーゼロッテは自分の標的をアッサリ発見できたであろう
だが、仮面で顔を隠し、マントとローブで身体を覆うデスメタルの動揺を察知出来たのは
彼女と同じく他人の感情に敏感な、沙羅だけだった
沙羅は笑う

「私よ。貴女は何?」
<…!>
「あら…データにはないわね。聖天位に属す人間じゃなくて、十六聖天の関係者が持っていたのね
 彼らのサーチも甘いわね」
「…」
「あら怖ァい。そんなに身構えないで頂戴。私はリーザロッテ
 不思議の世界のハートの女王。よろしくお願いね」

「そう。私は真境名 沙羅。ごきげんよう…!」

スカートを摘まんで呑気に挨拶するリーゼロッテに、沙羅は容赦なく鉛玉叩き込む
…のだが、それらは全て、宙を舞うハートのトランプに止められていた

「そんな」
「あら。無粋でしてよ。戦いの場なのですから、卑怯とは言わないけどね。さぁ遊んで頂戴」
「次郎様も、あの子もやらせない」

沙羅の手に握られた一丁の銃が火を噴く。一発、二発、三発。
それら全てをリーザロッテの周りを飛ぶ12枚のハートのトランプが叩き落とす
リーザロッテは退屈そうに笑う

「あら。芸がないのね。金色の魔眼ってただ眼が良くなるだけなのかしら」
「カードで防ぐだけ?芸がないこと」
「あら…?」

背後から投擲された、M35型手榴弾―通称「赤い悪魔」がハートの女王の至近距離から爆発していた


十六聖伝外伝 残光 ~アリス・ザ・ワンダーワールド~ 最終章 第二話
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。