ジョージ・ガウェイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョン・ランスロットの盟友であり、聖剣・ガラティンのマスター
論理的な思考の持ち主であり、余り感情を表に出すことがない
かつては聖堂騎士団に所属し、悪や魔と対峙していたが
ある事がきっかけになり、聖堂騎士団の正義に疑問を抱き脱退。以降、異端者として追われる羽目になる
剣の腕前はジョン程ではないとはいえ、超一流の使い手。ただし、接近する分効率が悪いと
もっぱら、二丁一対の大型リボルバー、オルトロスを武器に戦う
また、ガラティンの能力の恩恵を受け、太陽が昇っている時のみ、自身の能力が3倍になり
この時の戦闘力は剣聖級であり、この時のみ剣を使う
ただし、夜間は三分の一戦闘力が低下するという欠点もあるのが欠点
フルーチェを現代文明が生み出した、未来の食物と言い張り
何よりも愛するという可愛らしい一面もある
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。