六話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「私の名はキラー。十大聖天のキラー」
「そいつぁご丁寧にありがとよ。ただ俺は急いでるんだ。どいてもらうぜ!」

次郎の愛剣が煌めき、キラーの身体が二つになり地面に転がる
次郎は斃れた敵に一瞥すると、そのまま走り去った
だが次郎は気付いていない。それこそがキラーの目的だという事に
キラーの生みだした“魂”で生み出した迷宮に足を踏み入れたことに
いつの間に再生したのか。それとも切られたのは幻覚だったのか
走っていく次郎をキラーは目で追い
そしてキラーもまた己の目的地に向けて走り出した

バンダースナッチが、鏡の城を食らいつくそうと牙を突き立てる
が、その牙は一切通らない

「流石にバンダースナッチでも鏡の城は簡単に破壊出来ないのね」

己の持ち駒が通じなかったというのに、少し感心した素振りを見せながら
ワンダーワールドは笑う

「バンダースナッチの真の姿を見せてあげる… 集まりなさい」」

小さなバンダースナッチは、一つになり
より凶悪で、より醜悪で、より残忍なバンダースナッチに変貌し

「ダメ!やめて、ワンダーワールド!」
「黙りなさい…バンカーバスター!」

何物をも噛み砕く、魔獣顎…重力波が鏡の城を襲う
時を同じくして、ジョンのツクヨミの能力を最大限に利用した
剣は、ジークフリードの身体に深く食い込んでいた


十六聖天外伝 ~失楽園の章~  5話
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。