九話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうしよぅ…どうしよぅ…。ごめん、ごめんね…!」

目も背けたくなるような変わり果てたワンダーワールドに
アリスは何度も泣きながら謝った
伝えたいことがあった。伝えなければならない事があったのに
自分がもっと妹を強く止めていれば…
どれだけ後悔しても、失われたものは取り戻せない
項垂れ、目を伏せ、もう何度目か分からない謝罪の言葉を口にした時だった

「やって…くれたわ…」

何と発音されたのかは、アリスの耳では聞き取れなかった
聞き取れる人間は果たして存在するのだろうか
それほどまでに濁った言葉
だが、ここはアリスの世界。自分以外にいる人間は一人しかいない
顔をあげたアリスの顔が、悲しみから恐怖に変わる
恐らく十六聖天の中でも、それを見れば大半の者が目を背けたであろう
それは、それほどおぞましい光景だった

彼女の左目は飛び出て黒い虚ろ
彼女の右目は眼球が砕け、汁が出て濁っていた
見えぬ目で、虚ろにアリスに近づこうとしていた

―ずるりずるり
―ずしゃ

彼女の足はもう足ではなく、かつての半分以下の長さだった
彼女足は短くなった代りに骨と肉の尾が出来ていた。血のマーキングをしながら、不格好に、それでも前進しようとしていた

―ぼたぼた
―ぐしゃ

彼女の背中は裂け、その背中からは背骨がアンテナのように立っていた
彼女の腹は裂け、前進すると身体が大きく揺れて、中身が少し地面に落ちた

―ぽたぽた
―ずっずっ

彼女の右腕は既に無く、血がどろりと流れていた
彼女の左腕はほとんど千切れ、河一枚で腰のあたりから生えて尻尾のようになっていた

―ひゅうひゅう
―ごぼっごぼっ

彼女の頬は裂け、押し出された歯が頬から突き出ていた。息をすると奇妙な音がなった
彼女の顎は左半分が殆どなくなり、肉の塊だけがついていた。呼吸をすると血の泡が口から吹き出ていた

「やって…くれたわね…」

人間には聞き取れない人間の言葉でそれは言った
彼女の銀色の髪の毛は、頭皮ごとずれ落ち、かつて髪の毛のあった場所には
割れた頭骨から飛び出た脳があった。うどん玉のようなそれが、歩くとぶるぶる震えた

彼女は笑った。それを笑みと受け取れる人間がいたかはわからないが
彼女は笑った
―ごぼっごぼっ
血泡が、かつて口だった場所にある穴から吹き出ていた
彼女の名は、ワンダーワールド

十六聖天外伝 ~失楽園の章~  9話
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。