渋谷絶対防衛線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まて!ドム族。渋谷は俺が守って見せる!」
いっけいの脳裏に浮かぶは幼い頃の記憶
殆ど覚えていないが、この街で家族できた思い出があった
だからこそ、彼はドム族に一人で戦いを挑んでいた
「レッドツェペリン!」
「ギャルサー魔法。チョベリバ!」
「グレイトフルデッド!」
「ギャルサー魔法。MK5!」

「いっけい、このままじゃマズイ。いったん引くぞ!」
「ダメだ。ここは引けない。ヴァージニアスはサポートを頼む!」
「馬鹿野郎!お前今日軟便だったろうが!胃の調子が悪い証拠だ。無理するな!」
「うるさい!」
ヴァージニアスの静止すら振り切り、いっけいは戦う事を辞めなかった
そこには父と、母と、自分の思い出が眠っているのだから
「ほほう。あのヒョーロク玉。やるじゃないか」
「うむ。ワシらが直々に相手をしてやろうかのう」
「血がたぎりよるわ」
三人の巨大なダークエルフが大地に降り立つ
その異様な闘気に、いっけいは反応を示した

「ギャルサー魔法。ルーズソックス」
黒い三連星と呼ばれるドム族最強の戦士の足が大地から離れる
「マッシュ・オルテガ!ジェットストリームアタックを仕掛ける」
「応!」
「目にもの見せてくれるぜ!」
「なんだ・・・あのドム族は・・・他と動きが違う!」
「下、いや、正面か!」
「踏み込みた足りん!」
「違ういっけい!こいつら一人じゃない!三人だ!」
「なんだって!」

「気付いた時にはもう遅い!」
三位一体の黒い星がいっけいの身体を吹き飛ばす
「うわあああー」
「いっけい!畜生、よくもいっけいを!」
「騒ぐなよヴァージニアス・・・」
「いっけい・・・おまえ!」
「ほう。まだ意識がありおるか」
ガラガラと瓦礫を押しのけて、いっけいは立ち上がった
「ヴァージニアス、お前こそ無事か?」
「なんとかな。多少切れちまったかもしれん。便の時は油断するな。持っていかれるぞ」
「あぁ…」

ヴァージニアスと軽いコンタクトをしたのち、いっけいは黒い三連星に向かい合い指を振った
「こんな攻撃じゃあ俺は殺れないな・・・」
「聞いたかガイア、こやつ言いおる」
「ぐふふふふ・・・くらわせてろうぞ」
「ジェットストリームアタック!」
「ぐああぁー!」
今度こそ死んだだろう。そう思い黒い三連星はその場から立ち去ろうとした
だが
「まだだ・・・まだ終わってないぜ」

「何・・・こやつ」
「いっけいやめろ!今度こそ切れた!結構深い!今すぐ医者にいけ!恥ずかしがらずに行け、早期治療がお前を救
う!」
「それは・・・悪くない提案だなヴァージニアス・・・だけどまだいけないよ。こいつらを倒すまでは・・・」
その言葉を最後にいっけいは前のめりに倒れた。
「気を失ったか」
「しかし敵ながら天晴なやつ」
「・・・マッシュ、オルテガ。この男を前線キャンプに連れていくぞ」
「ワシもそう思っておったところじゃあ」

第一話 終
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。