※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャパン・バッシング


アメリカ某所に日本車が大嫌いな男が居た。
その男は自動車メーカーの工場で働いていたのだが
高性能な日本車の台頭によって工場の規模が縮小、
それによって男は解雇されてしまったのである。
男は突然の解雇にひどく悲しんだ。
悲しみのあまり家にあった酒を一晩のうちに全て飲み干し
、男はそのまま倒れるように眠りについた。

朝になり目覚めた男の心にはある感情が芽生えていた。
自分の職を奪った日本車への激しい憎しみである
日本車さえなければ・・・男は日本車への復讐を誓った。
神に、そして自らに。

その翌日の朝、男の手に握られていたのは1セント硬貨であった
この硬貨で日本車をズタズタにしてやろうという考えである。
小さくも儚い、しかし男の思いつく限り精一杯の復讐計画であった。
そして、今夜の決行場所を探しにバスに乗りこもうと思ったその時
道の反対側から日本車が走ってきたのである。
運転席にはアメリカ人の姿が見える。その表情は
笑顔だ・・・男は怒りに燃えた。
アメリカ人が、極東のおサルのオモチャに乗って喜んでいるのである。
自分が工場で精魂込めて作り上げた車はおサルのオモチャ以下なのだ。
そう思った次の瞬間、男は車道の真ん中を走り出した。あの日本車めがけて

通りにクラクションの音が鳴り乱れる。
だが男には聞こえなかった。
ただ目の前の日本車を追いかけていた。
男の目的はただ一つ、日本車への復讐である。
ただ、今の男は1セント硬貨のことなどすっかり忘れていた。

男は考えた。
自分がはねられれば日本車のイメージは間違いなく低下する・・・
日本車への復讐のためなら命さえ投げ出しても良いと決断したのだ。
普段はあまり運動をするほうではない男だが、このときだけはまさに全身の力が前を向いていた
前を走る日本車に一歩、また一歩と確実に追いついてゆく。
やがて日本車の真横に並び、ついに日本車より一歩前に出たのである。
男は感じた。これが風の世界だ・・・と。

次の瞬間、男の眼に一瞬だけ空が映り、そのまま真っ暗になった。
ついにやった・・・私は日本車にはねられたのだ・・・男は確信した。
男は大嫌いな日本車のボンネットへと転がり、
大嫌いな日本車にキスをしたのち道へ転げ落ちた。
そして自分と日本車のまわりに集まる人だかりへ向かって一言
「日本車に・・・はねられた・・・。」
そういって静かに眼をとじた。

それから少しして、救急車とパトカーが通りへとやってきた。
救急隊員が男をすばやく救急車に乗せると救急車は病院へ向け走り出し
パトカーは日本車を運転していたアメリカ人を乗せて走り去った。
通りには騒がしい人だかりと主を連れて行かれた日本車が残された。

2ヵ月後、奇跡的に一命を取り留めた男は新しい仕事も得て
以前とさほど変わらない生活を手にした。
だがその2ヶ月の間、街は男の望んだ方向とは全く違った方向へと進んでいた。
警察の調査やあの場に居合わせた人々の証言などで男が車道を走ったことや
男が自分から日本車にはねられたことなどが浮き彫りになり
日本車を運転していたアメリカ人はお咎めなし
それどころか男が警察から厳重注意を受ける結果となった。

さらに、男が一命を取り留めたことによって
「あの事故でも人が死なないなんて、なんてグレヱトな車なんだ!」
と思った街の人々は競うように日本車を買い、
街は男の大嫌いな日本車であふれかえった。

新しい職場からの帰り、男はあの日の通りへと向かった。
騒々しいエンジン音と汚れきった排ガスにつつまれていたあの通りはもう無い
そこにあるのはクリーンでサイレントな日本車ばかりが走る通りであった。

だが、大嫌いな日本車が走り続ける通りを見る男の表情には余裕ともいえる笑いがあった。
あの日の朝と同じように1セント硬貨を握り締めた男が呟く

「これで獲物に困ることは無さそうだな・・・」

オワリ