※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水底の歌姫-3


フェレンツァの姫と別れた後、その日の夕方には俺も東方への船に乗り込んでいた。
傷心を癒したかったし、銀髭が方々に放った追手が
ヴェネートに入り込むのは時間の問題だったからな。
ベアトリーチェを底部の厩に運んでもらい、
俺もそそくさと手形に印を押してもらった。

ダリオ≪緑の庭師≫に任せた薔薇園はどうなっているだろうか、
これからの道程が、彼女の旅路と交わることはあるだろうか……
そんなことをぼんやり考えながら、ゆったり流れていく時間を過ごしていた。

船はやがてビュザンティオン≪東と西の交わりたる帝都≫に着くから、
ハギア・ソフィアの大聖堂に真っ先に向かおうと考えていた。
女のことを忘れるには、敬虔な気持ちで
五本山巡礼の旅をするなんてのもいいじゃないか。

面倒ごとに見舞われたのは、何日目のことだったか忘れてしまったが、
とにかく船旅の間に日付の感覚が鈍くなっていたんだ。
期せずして、姫と俺の道は交わることになった。

背筋が凍りつくような感覚が先立ったと思う。
続いて現世のものとは思えない、それにしては懐かしい旋律が聞こえてきた。
船客はわれ先にと甲板へ上がってその歌声に聞き惚れていた。

歌声の主は、灰色のごつごつした岩礁に座して、客の一人一人と目を合わせて、
暗い海中へと誘う哀しい旋律を歌っていた。
信じられなかった。セイレーンの顔は、
フェレンツァの姫と瓜二つだったんだからな。

もう意識を保ってもいられない。
他の人がそうであるように、俺も次第に歌声に支配され始めていた。
彼女が俺の目を見据えたら、
多分それが現世で最期に目にするものなんだろうと思ったぞ。
ところが、俺はこうしてここに生きている。

いくらか記憶が飛んでいるから説明ができないが、
気が付いたときには、ビュザンティオンの港で
好奇心旺盛なギリシャ人達に見下ろされていた。

……だから夢だったのかもしれないが、薄れていく意識の中で
歌声とはまた違った声を聞いたような気がしたんだよな。すごく哀しい声で、

〝Addio.....〟

ってな。