※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死に行く年


死にゆく年の床の窓辺に
やわらかな光とともに、天使は降りたもうた

羽ずれの音はヴァイオリンの響きのように、
笑みは美わしい頬からこぼれ落ちて、
まるでチェンバロの音色のように

小麦の髪は新たな生の希望に波打ち
聖なる夜、雲なき淸い夜の輝きは
かれの眼の中にこそあれ

やがて天使は舞い羽ばたき
二千八の年は幸せな旅路に就いた