※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一杯茶-3


〝ああ、茶を飲むと厠が近くなって困るな〟

劉伶が辞去してからというもの、阮籍は自室と厠を行ったり来たりしておりました。
茶の成分が体の毒を溶かし、外に出そうとするものですから、
しばらくの間は頻繁な尿意に悩まされることになるのです。

〝其馨如蘭、か。あんたは本当に達観してっからな。俺にゃ無理だよ〟

ケイ康の兄、ケイ喜は弟と異なり、実直に社稷に尽くす世俗型の人間でした。
阮籍はそんなケイ喜を蔑み、白眼で相対してひどく世間の顰蹙を買ったこともありました。
しかし考えてみれば、俗人を強く意識して切り離す自分は、
まだ超然の境地に辿りついていないではないか。
そうして頭を悩ませ、机を打って荒れるのです。

庭の木には小鳥が二、三羽ほどとまっているのでしょう、
歌声が琴の重奏のように重なり合っております。
日差しを受けてきらきらと輝き、ところどころに生じた影の具合もあいまって、
まるで時が止まったかのような、仙界へと迷い込んだような気持ちになります。
ゆったりとした空間がどこか張り詰めて、
小鳥のさえずりだけが大きく、耳の奥に響きます。
頬に手を当てると、強ばった表情が張り付いておりました。

ふと、心の臓のあたりががくん、と落ち込みました。
胸のうちがざわざわして、謂れのない不安に陥ります。
春の陽気が炎天下のようにじりじりと感じられ、冷や汗が一筋流れました。

〝叔夜〟

かすれる声で、やっとの思いで声を振り絞りました。
阮籍の目の前に、ちょうど木の幹に寄りかかるようにして、
ケイ康が立っておりました。
精気のない青白い顔をして、寂しげに微笑んでいます。

〝……〟

何か言おうと口を開けますが、言葉が後に続きません。
直感して、とうに分かっていたことが、どうしても言葉にならないのです。
近寄ろうにも足が動かず、聴こえるものは自身の鼓動だけでした。

ケイ康は、片手をあげると阮籍に背中を向け、そのまま門の外へと去っていきました。

その夜、阮籍のもとに、ケイ康が不敬の咎で処断されたとの報せが届きました。