剣魔・黒崎グレイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖良紅牙の黄金期にVを獲得しまくったキャラの一人。
登録すると必ず初っぱなから勝利する確率が一番高かったので,紅牙の中では『瞬殺V稼ぎ』と密かに呼ばれていたらしい。
更にかつては連勝記録でランクインしまくったらしい。
インスピレーションとしてはロマンシング・サ・ガシリーズのグレイから。

[台詞]
  • 始めようか,君と僕との狂宴をさ・・・
  • ふん,軽いね・・・
  • おやおや,僕に攻撃を当てたらただじゃ済まされないよ?
  • さぁ,これで君の儚い人生を終わりにしてあげるよ,%teki!!
  • そろそろ終わらせようか・・・殺れ,ブラックソウル
  • あははっ!弱い,弱過ぎる!もっと僕を楽しませてよ!
  • くっ・・・これが・・・本当の『強さ』なのか・・・
  • まぁ・・・今回は手を引いてあげるよ・・・!
  • 分が悪いか・・・まぁいいさ,次に会うときが楽しみだよ,%teki

[技説明]
  • ブラックソウル
手にした黒き刀身の魔剣『ブラックソウル』の刃が瞬く間に闇と化し対象を飲み込み喰らう必殺技。
噂によるとこの技でブラックソウルの切れ味が護られているのだとか。

  • 秘剣・逢魔繚乱(ひけん・おうまりょうらん)
ナムコクロスカプコンで使われていた[真羅万象]と[瞬華終刀]の連携必殺。
威力の大きさで瞬華終刀の方が上回るため,元祖である沙夜の所属とテーマ曲名にちなんで名付けられた。



微笑みの暗殺者

性別  男
属性  闇属性邪悪系列
武器  魔剣『ブラックソウル』
職業  闇魔導剣士邪悪系列
クラス Lv.M ダークルーラー
種族  闇の一族
血統  闇の一族(100%)

『永遠に広がる黒一色の世界・・・。
 優しく生命や僕らを包む始まりの闇・・・。
 この世界も再びこの闇に抱かれて眠ればいいんだ,皆疲れているだろうからね・・・!』

[備考]
天地創造時,すなわち物質世界での『ビックバン』が起こる遥か前に生まれた,闇の中に生きる種族。
それが『闇の一族』であり,彼らはいつまでもこの闇しかない世界の存続を願っていた。

グレイはその内の一人で,成長が15歳の少年の姿で止まっているが精神面では立派な大人の思考を持っている。
しかし,彼の成長を止めた原因は『ビックバン』で起こった光の中から生まれた『マナの女神』による封印にある。

物質世界で惑星などの構築が始まった頃,マナの女神は『闇の一族』を一枚の石版へ封印し,想像した精神世界『裏球』に生まれた海の奥底深くへ沈めた。
その封印は『闇の一族』の意志と力がより強くならなければ破れない物であり,それによって『裏球』は長らく平和に地球と同じペースで進化を続けていった。

『マナの女神』も時間が経つにつれて『闇の一族』の復活を懸念してか人間達が生まれた後に人間の男性と交わり自らの子孫を残し,天空の彼方へ去っていった。
この男性との間に残した子供らは女神の血を引き,後に女神の名を冠して『マナの一族』と名乗るようになった。

そして『マナの一族』誕生から1000年程経って天使族や魔族が生まれ,それぞれの住む世界である天上聖界『アンジェリアス』と魔導聖界『サタナライズ』(後の天界と魔界)を作り上げ定住を始めた頃,懸念されていた『闇の一族』が封印を破り復活した。
グレイ達は『裏球』にはびこる悪の心の集合体である『デストール』が『裏球』を乗っ取ろうと侵略をしている事に紛れながら人間や魔族達を次々と闇に葬り去っていった。
しかし,『マナの一族』の血を引く天使ナルシス=フレイマーら10人の翼ある者達の手によって,グレイ達は再び同じ場所に封印されてしまう。
ナルシス達はその後,デストールを打ち倒し世界に平和をもたらした。
だがしかし肝心のナルシスは兄・ユリウス=ダークルーラー・アスタロッソを残し最終決戦で彼をかばって死亡,『マナの一族』の血は一時期絶えかける事となった。
それでも彼女とは異母兄弟であるユリウスは,内乱ばかりが続く初代魔界皇帝となって統一し,天界との恒久の平和を約束した。

そしてそれから更に5750年程後,グレイ達はまたしても封印を破ってしまう。
今度はグレイが筆頭に立って兄・リュウ等4人の『闇の一族』の者等と共に『五大剣魔』を組織して本格的に恒久の闇の世界を復興させようと活動を始める。
だがしかしこれもある5人の精鋭達の手によって阻まれた。

そう,初代天界聖皇や魔界に住まうヴァンパイアなど,種族を越えた5人によって結成された初代の『五大剣聖』である。
5人の持つ聖剣と宝刀がグレイ達の魔剣や妖刀を押しのけ,グレイ達はこれまた封印されるハメに。

それでも現実に平和な光溢れる世界が恒久に続く訳ではなかった。

グレイは3度の封印の間に,石版でも自らの意志を誰かと疎通するテレパシー能力を得たのである。
それを機に力を欲したり,誰かを憎む,更にはこの世界の破滅さえも考える者達に語りかけ,自らの封印を解くように働きかけた。
そして実際に実行に移したのが,空牙の兄カイ(海牙),紅牙の妹レナ,皇牙の弟ソル(獣牙)の3人であった。

先の戦いで命を落とした3人の初代『五大剣魔』の持っていた魔剣を手に,3人は海底深くの闇の中にひっそり立てられた石版の元へ行き,手にした魔剣で石版を破壊,グレイ達を復活させた。
そしてグレイは『君達は魔剣に選ばれたんだよ』と諭し,再びリュウと封印を解いた3人を率いて第2代『五大剣魔』を結成。
暫くは自らの種族や身分を隠し,黒牙の通う中学校に通っていたが,卒業式間際に黒牙に一つの言葉を残し突然姿を消した。

それもこれも,立て続けに封印されたショックで当主達が次々と命を落としたが為にグレイが次の当主に選ばれ,遂に計画を実行に移す時が来てしまったからである。
そして悠牙達が対抗勢力として力を付けている事を知り,グレイはカイ等を送り込んで彼らの邪魔をし続ける。
今や彼はこの光溢れる世界に再び終止符を打たんとする驚異でしかなくなってしまったのだ・・・。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。