※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3D



概要


三次元コンピュータグラフィックス。「3 Dimensional Computer Graphics, 3DCG」略称で3DCGと呼ぶ。
3DCGを使用した作品のジャンルの事も、俗に3Dと呼ばれる。
しばしば「リアル」「現実」と同義に使われるためややこしいが、便宜的に3Dと略して表記される事が多い。

FLASH・動画板と3DCG

Flash作品の場合、ビットマップ画像(またはswf以外の動画)
に書き出してからFlashに読み込む方法と、直接swf形式に書き出す方法がある。
現在普及しているswf書き出し可能なツールの機能では、色数に制限があるため、
一旦ビットマップ画像で出力する手法をとる者が多い。
なおActionScript3.0では3DCGを扱う事も可能になり、
3DCGをインタラクティブに操作する事も可能になった。

3DCGを扱うツール

3DCGの制作ツールはAdobe Photoshopのようなデファクトスタンダードが存在しない。
商品数や派閥が非常に多く、カオス化している。
日本のアニメーション業界、映像制作の現場では主に
MAYA?3ds Max?SOFTIMAGE XSILightWave 3D
の『4つのうちのどれか』が使用されている。

3DCGを作成可能なソフト


3DCGに関連する技術解説

(3DCGをセルアニメや、イラスト風に書き出す。)
(実際の人間の動きを3DCGに取り入れる。)
  • マッチムーブ
実写の動画映像の角度に合わせて、3Dモデルの角度も変更する。

関連項目