SUPER STREET FIGHTER IV &AE & ULTRA Wiki

攻略

FAQ

上達関連

初心者講座



USF4

AC/CS共通

AC

CS



PC版



Steam版



過去作品

家庭用



その他

情報

アンケート

リンク



作業用テンプレート



外部サイト

その他リンク


javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。
Today -
Yesterday -
Total -

キャラ別FAQ


全般



リュウ

「昇龍拳>EXSA>ダッシュ>滅・波動拳」のコンボがうまくいきません。

まずは「昇龍拳>EXSA」「SA>ダッシュ>滅・波動拳」とパーツごとに練習しよう。
タイミングはhttp://www.youtube.com/watch?v=lJPLa6w9Tjgを参考に、早過ぎず、遅過ぎず。
また、昇龍拳の623の3は「右入力」とも判断されるので、「昇龍拳(623で入力1し、しっかり3で止める)>SA>56>滅・波動拳」と入力してもよい。こうすることで、SA後のダッシュは6入力一回で行える。

以下、状況別の対策。
  • 昇龍はどれで出す?
    • ウルトラでは弱が安定。2012で強昇龍がセビキャン出来なくなったので、弱か中になる。
  • 昇龍拳の後にSAが出ません。
    • 根元近くで当たらないとSAキャンセルできない。リュウが空中に浮いてからでは無理。
    • 昇龍拳を入力したらすぐ中P+中Kを押す。ヒット確認するほどの時間的余裕はない。
  • SAの後ダッシュキャンセルできません。
    • 中P+中Kを離すのが早い。押したまま66と入力し、ダッシュしたのを確認してから離そう。
  • 滅・波動拳が昇龍拳に化けます。
    • 236236入力中に中P+中Kを離しているため。前ダッシュを確認したらすぐに中P+中Kを離し、その後に236236入力に入ること。
  • 滅・波動拳がEX昇龍拳に化けます。
    • ダッシュの後の236236の最後が6まで入ってない。6もしくは思い切って9まで入れる意識で入力してみよう。落ち着いて、ゆっくりめに入力。
    • ボタンを押すのが早く、23623PPP6になってしまっている。
  • 滅・波動拳が当たりません。
    • 入力が遅すぎる。
    • 前ダッシュ入力が遅すぎる。
  • 滅・波動拳がカス当たりになります。
    • 入力が早すぎる。
  • 画面端だとムズいです。
    • SAキャンダッシュをバックダッシュにしてみよう。

波動昇龍対策

波動を見てから飛び込むと、大抵は昇龍が間に合ってしまう。
そもそも、昇龍が間に合う時点でガードはされる。

波動を見てから対処する際は、垂直Jやセビ>バックダッシュとして仕切り直そう。
波動をしっかり読めていれば、同時に飛び込む、飛び道具無敵技を使う、セビダッシュで近づくなどで対処できる。

なお、昇龍で落とせる範囲は結構狭いので昇龍が届かない間合いでジャンプするのも有効。

ケン

「昇龍拳>EXSA>ダッシュ>神龍拳」のコンボがうまくいかない。リュウならできるのに。

フルヒットさせるには一定の条件を満たす必要がある。スパ4にて当たりやすくなった。
詳細はケンのコンボのページ参照。

前中Kが強すぎる

置きセービングが一番有効。間合いの外から差し返すのもアリ。
また判定自体は強くないので強めの牽制を置いておくだけで潰せる。

空中竜巻が強すぎる

ロケッティア対空は引っかかりやすく、昇龍などの無敵技による対空はスカされやすい。
また、低姿勢技で空振りを誘うにしても、EX空中竜巻は着地硬直がほとんどないのであまり意味がない。
基本的には地上通常技で落とすことを意識。
リュウの屈強Pのような地上から真上を攻撃できるタイプの技なら特に有効なので、活用しよう。

春麗

鶴脚落がガードできない。めくりだろうからレバーを前に入れてるんだけど。

実は春麗の脚両方に攻撃判定があるので、裏表の二択。

春麗のセービングやばくね?

春麗のセービングはアタック自体のリーチが長く、Lv1をヒットorガードさせて前ダッシュした場合でも春麗側が有利Fを取れ、かなり高性能。
アタック部分の発生が若干遅いので、連係で潰そう。

春麗のバクステ強すぎ

春麗のバクステは全キャラ中随一の性能を誇る。
無理に潰そうとしない方が吉。読めていればバクステ狩りなどもあるが、慣れないと難しい。
画面端まで運ぶなど、バクステ自体をできない状況に持ち込むことが重要。

覇山蹴対策

覇山蹴をざっくり説明すると、「ガードしても確定反撃がほぼなく、空中判定になり、ヒット後に追撃可能な中段属性の打撃技」という性能。
空中にいる間を対空技で撃墜するのは反応などの苦労、失敗時のリスクの割にリターンがないのでおすすめしない。
置きセービングからLv2を確定させるか、セービング>前ダッシュで抜けてから発生の速い技を確定させるのがベター。
ただし、リバーサルで出された場合はセービング不可。気をつけよう。

エドモンド・本田

百貫落とし連発対策

一番やってはいけないことは、2段目をガードしたあとに足払い、投げを出すこと。
2フレ有利なだけなので、足払いや投げが発生する前に次の百貫落とし(発生まで完全無敵)に潰されて大ダメージ。
ただし背の高いキャラならガード後は3F有利なので反撃の可能性も。

基本は無理に反撃しようとせずに間合いを離すようにした方がいい。
間合いが離れると中や大百貫を使うしかなくなるが、これがかなりスカしやすい。
スカしたら屈強Kでダウンを取って、そこからめくり殺す。
間合いの離し方は、バックジャンプやバクステ、前ジャンプ(ブランカ)などいろいろ。キャラごとのページ参照。

キャラによるが、セビも良い。
セビlv2を当てればフルコン確定でハイリターン。
百貫の1段目はセビらずガードかスカし、そのあとセビを溜めること。
トレモのRECORDINGで、飛び上がる本田を見てからセビ入力してセビアタを当てる練習をすると効果的。
セビを溜めるタイミングと位置によってはセビアタが逆方向に出てしまうので注意。
セビlv1を当ててしまってバックダッシュでもいい。
なお、本田がリバーサルで百貫を出した場合、AB属性が付加されているためセビで受けることはできない。注意。

ガードさせて大銀杏投げの連発の対処法

崩しに大銀杏をよく使う相手なら、近距離で小技を一発ガードした後はジャンプ入れっぱでいい。
本田の単発打撃(ジャンプに刺さる)より、垂直ジャンプで大銀杏回避→フルコンボ叩き込むの方がリターン大きい。
出来るならバックダッシュの方がリスクは少ないけど、大頭突きがダッシュ硬直に刺さるから注意。まぁ弱い本田はそんな読みはしないだろうけど。

めくり攻撃で裏に飛び込んでもリバサ頭突きが背中方向に出て落とされる

飛び込むのを少し遅らせる。
リバサで頭突きを出せるタイミングのときに完全に本田の裏に飛んでると、起き上がり無敵状態で振り向きEX頭突きが出せてしまう。

牽制や前進をスーパー頭突きで潰される

まず、頭突きを溜めた本田に不用意な牽制や前進は禁物。
前進するふりをしてすぐガードで頭突きを釣り、頭突きをガードしてから確定反撃を叩き込もう。詳しくは各キャラの攻略参照。
牽制もだいたいダメージ負けするので、見せるだけにしておこう。
ジャンプ攻撃に弱いので垂直、バックジャンプで牽制するのもいい。飛び道具を置いて頭突きを出しづらくするのもいい。

ブランカ

ローリングアタック対策

中・強をひたすら連発してくるなら、前進>ガードを繰り返しながら画面端に追い込む。
端に追い詰めさえすれば大抵の技で反確を取れるようになる。
AE版以降はガードするだけでも大抵は確定反撃がある。
しゃがみガードは立ちガードより自分の判定が前に出るため、ガードする際はしゃがみガードするとブランカが遠くに着地してしまう。
ガード後に反撃したい場合はなるべく立ちガードしよう。

弱によるスカし>二択なども加えてきたら弱Pや無敵技による迎撃も加えよう。


ウルトラコンボ1がガードできない

ウルコンが発動してブランカが発電した瞬間は しゃがみガードのみ可。立ちだと食らう。
いったん飛んで、 落ちてくる瞬間は立ちガードのみ可。しゃがみだと食らう。
ゴロゴロしている間はどっちでもガード可。
なおガード時の削りダメージが大きめなので、全段ガードせずに反撃するなり避けるなりした方がいい。
反撃方法:
リュウ
EXゲージが1つでもあるなら、EX昇龍拳で回避可能。ない場合はガードしてブランカが着地する前に滅・波動拳が確定する。
着地した後だとガードが間に合う恐れがある。
ケン
死なないのならガードがオススメ。初段ガード後に少し遅らせて中昇龍拳で反撃可能。
最終段ガード後に前ステ神龍拳が確定する。
春麗
暗転見てから下タメ開始で1発目ガード後即EXスピバで安定して返せる。
エドモンド・本田
ブランカ
ザンギエフ
ガード後、弱バニ(すかる)→祖国確定
ガイル
ウルコンが当たるが、安いし、タイミング早いと相打ちになる。初段をガードしたかどうかでもタイミングが変わる。ケズりで死なないならガード安定。
ダルシム
バイソン
バルログ
サガット
ベガ
クリムゾン・ヴァイパー
ルーファス
エル・フォルテ
アベル
1段目ガード後に落ちてくるブランカにEXスカイが決まる。全段ガードできるならガードして、着地にSALv2(Lv3までは溜まらない)>無我でもいい。
セス
EX昇龍拳ができるなら安定、テレポートはどこに逃げても当たるので厳禁
豪鬼
剛拳
さくら
フェイロン
1段目下ガード後にリバサEX熾炎脚が決まる。全段ガード後は少し前進すれば近大Pや中熾炎脚EXSAからコンボ可。全段ガード後は少し待てば生ウルコン可。
ダン
キャミィ
ローズ
1段目ガード後にEXソウルスルーかウルコンが確定。
ディージェイ
T・ホーク
ダッドリー
いぶき
まこと
アドン
コーディー
ガイ
ハカン
ジュリ
ユン
ヤン

ミゾテルボンバー対策

「噛み→サプライズフォワード→スパコンorウルコン重ね」という連係。
ガード方向が非常にわかりにくい。

スパコンは押すボタンが強Pか中Pか弱Pかで跳ね上がる高さが違う。
強Pが一番高く跳ね上がり、弱Pが一番低い。
弱Pと中Pのときは表ガードで防げるが、強Pのときは裏ガードになる。
高く跳ね上がったら裏ガード推奨。
中Pと強Pは高さの見分けがつきづらい。家庭用のトレモで出してみて高さを覚えておくといい。

ウルコンの場合は基本的には裏ガードになる。
ただしサプライズフォワードをちょっと遅らせて出した場合は強Pスパコンやウルコンでも表ガードになる。
しかしこの場合は、仮に当たってもカス当たりで済む。
ウルコン初段が起き上がりと同時になるくらい遅れて出された場合は、表のしゃがみガード→立ちガード。

ミゾテルパニッシャー対策

「噛み→少し歩いてウルコン重ね」という連係。
入力方法は「噛み中に4溜め→6→4→6にちょっと入れて歩く→PPP」。
歩く距離によってガード方向が変わり、非常にわかりにくい。

けっこう頑張って移動しないと裏には落ちないし、歩き過ぎるとウルコンが出ない。
なので、表か裏を判別するにはブランカの歩き具合をよく観察すること。
なぜかザンギとルーファスは裏落ちしにくく、ブランカは相当歩かないと裏に落とせないためガード方向はわかりやすい。
EX昇龍やEXスピバ、阿修羅閃空等、無敵技で拒否することも可能。

返せる技・拒否れる技

◎=確実 △=確か可能
  • リュウ…EX昇龍◎
  • ケン…対処法無し ※EX昇龍はスカって落ちたところにウルコンが当たるので危険
  • 春麗…EXスピバ◎
  • 本田…未確認
  • ブランカ…EXバチカ◎、ウルコン◎
  • ザンギ…対処法なし
  • ガイル…対処法なし ※ウルコンやEXサマソ出しても負ける
  • ダルシム…対処法なし ※ワープしても逃げた先が近くて当たってしまう
  • バイソン…対処法なし ※EXヘッドは負ける。ウルコンは相打ちだったような?
  • バルログ…バクスラ◎←ただしブランカのウルコンの進行方向と逆にバクスラしないとダメ
  • サガット…対処法なし ※EXアパカ、ウルコンはスカる。もしくはスカって落ちたところに入ってしまう
  • ベガ…EXデビリバ◎、ベガワープ○←ワープ後に当てるのは、ベガのガードが間に合って意外と難しい
  • ヴァイパー…EXバーニン△←落ちるところに当たるかも?
  • ルーファス…EX救世主◎
  • フォルテ…EXワカモーレ△←落ちるところに当たるかも?
  • アベル…対処法なし、EXマルセイユはたしかダメ
  • 豪鬼…阿修羅閃空◎←ただしブランカのウルコンの進行方向と逆にワープしないとダメ
他にもあるかも。

アマゾンリバーラン対策

置いて潰せる技があれば出す(各キャラの攻略参照)。もしくはセービングを置いておく。
ガードしてから確反を取るのも有効。
ただし、先端をガードした場合は確反なしになることもあるので間合いに注意。

ザンギエフ

ダブラリ連発対策

持続が長い上に結構判定が強く、下手に強Kとか出すと負けやすい。
また、技を出している間は微妙に左右に動けるので間合い調整もやや難しい。

中距離で振ってきた場合はしっかりと間合い調整をしながらリーチの長い足払いなどで反撃。
一段目以外はしゃがんでさえいれば当たらないので、各種足払いが確定する。

スクリュー対策

投げは垂直ジャンプやバクステで回避できる。地上投げの回避参照。
コアコパ刻み後とか、起き攻めとか、ひたすら垂直ジャンプやバクステを狙ってみよう。
もし相手がスクリューを擦っていれば、垂直Jならそのまま飛び込みからのフルコンが、バクステなら地上技からのコンボが確定する。
垂直Jの場合、相手が様子見していた場合はダブラリなどで落とされ、バクステはEXバニを擦られていた場合は狩られてしまう。それは読み合い。

ザンギにはどう起き攻めすればいいの…?

ザンギのスクリューは発生が2Fと非常に早く、なおかつ打撃と同時に発生した場合はスクリューが一方的に勝つので重ねが甘いと一方的に吸われます。
しかしスクリュー発生前の1Fに打撃がぶつかれば、一方的に勝てます。なので、ゲージがない時はしっかりと打撃を重ねることを意識しましょう。
逆に、ザンギにゲージが溜まっているとEXスクリューで詐欺飛びすらスカしながら一方的に投げられたりします。
また打撃重ねが甘いとダブラリ以外の選択肢にも負けやすいです。安易なめくり重ねなんかはダブラリで簡単に落ちます。
飛び道具重ねも有効ですが、そればかり狙うとEXバニシングで反撃されてしまいます。
ゲージの溜まったザンギには無理に起き攻めせず、様子見安定かもしれません。

祖国(UC1)が! 祖国が痛い!

  • 祖国(正式名称アルティメットアトミックバスター)は発生1Fの投げウルコンなので、ザンギが1Fでも有利な状況だと祖国が確定します。
    なので、着地硬直が発生するジャンプ攻撃を控えたり、相手に密着するような技、ガードされると不利になる技をなるべく控えましょう。
  • 露骨に祖国を狙ってくる相手には無敵技、上いれっぱ、出した直後に空中判定になる技、バクステなどで対処しましょう。

ガイル

ダッシュウルコンってどうやるの?

  • 1タメ3619+KKK

ひたすらソニックブーム→対空をする戦法が強すぎる。ていうかソニックブームが出し得すぎてウザイ

  • 弱ソニックは全体動作が29Fと非常に短く、これに対して直接リスクを負わすのは至難の業です。
    • 我慢して前進>ガードを繰り返し、ガイルを画面端に追い詰めていきましょう。
  • そもそもガイルに飛び込むのはあまりしないほうがいい。
    • お互い画面端に近い距離から「ソニックの強弱を見てから飛び越える」ということを繰り返し、とりあえず画面端まで持っていくとやりやすくなる。
    • その後は飛びだけは絶対に通さないようにし、ガイルの地上技はほとんど単発なのでセービングなどで返していこう。
    • セビ潰しにサマーとか振ってくるガイルもいるけど、サマーをガードできればフルコン確定。こっち有利な読み合い。

ひたすらしゃがんでサマソでカウンターしてくるガイルが無理ゲー過ぎる…

  • しゃがんだガイルに不用意に飛び込むのは厳禁。
    • 地上牽制にも毎回カウンターされるのは読まれているだけに過ぎないので、まずは単調な動きをやめること。
    • 前歩き>しゃがみガードとか、前ステや屈弱P空振り、屈伸などでフェイントを混ぜる。
  • とにかく、一回様子見>フルコンを見せておけば、ガイル側も安易なパナしはしづらくなる。

ソニックハリケーンが出し得技過ぎてウザイ

  • 一見隙が無い様に見えるが、発動の瞬間は飛べます。発動見てから前飛び出来ればばフルコン確定します。
    • 間合いが遠い時はバクステで逃げるのもあり。
  • 起き攻めの場合、起き上がりにソニックを抜ける様な技を出していれば抜けることは可能。
    • 抜けられる技はキャラによって異なるが、完全な起き攻め削り確定技ではない

ダルシム

ズームパンチ対策

  • 実はズームパンチ系の技は伸ばした腕にまでしっかり喰らい判定が存在するので、無敵技や判定の強い技を置いておくと潰せたりする。
    • キャラによってはセビで受け止めてからSAが確定することも。

ウルコン→テレポートではさまれたらどっちにガードするの?

つねにダルシムがいる方向が基準。
  • 背後から弾が来ててもダルシムがいる方向と逆にレバーを入れればいい。

バイソン

「バッファローヘッド>ウルコン」ってどうやるの?

1ため7でヘッドを出し646PPPorKKK

ダッストってどう対処すればいいの?

  • 垂直J>フルコンがベストだけど、何回もやってると対空される。
    • 通常ダッシュ系ならリーチの長い牽制技や屈大Kなどのダウンが取れる技に弱い。
    • EX系の場合は多段判定の牽制、アマブレ属性のある技を使ったり、通常技に発生の速い必殺技を仕込んでおこう。

バルログ

フライングバルセロナめくりの連発に対処できないんだけど…。

通常のバルセロナにはセービングが有効。EXフライングバルセロナは多段なのでセビが潰されてしまう。
バックジャンプ大Kなど横に強いジャンプ攻撃も有効。前ジャンプ大キックは爪に負けることがある。
地上技でも、豪鬼やさくらの2大Pは上に強いため安定して勝てる(悪くて相打ち)。
キャラごとの対策も参照。

イズナハメが強い!

座高の高いキャラに対して、ひたすらイズナドロップを狙う起き攻め。
イズナドロップは相手の立ち、しゃがみ、空中の状態を問わず投げられるため、上手く重ねると投げ無敵技を使わない限り脱出困難。

サガット

移動ショット

6弱Kや6強Kを空キャンして236P(K)だが、途中に「623」を含むためアパカやニーに化けやすい。
623の受付時間を切るため、6を早く離さなければならない。
ショットを「41236」で入力すると出しやすい。

もしくは、前に撃ったショットが消えるタイミングに合わせて「236弱K→P」などと入力。
ショットが残っている時点で「236弱K」と入力するとショットが出ないためステローが出る。
ショットが消えてから「P」を入力すると前の「236」と合わせてショットが出る。

タイガーキャノンって削り確定?

打点が高いので、発動すれば強制的に削られそうだが実は飛び越え可能
硬直も大きいので飛び越えてフルコン入れましょう

タイガーニー先端当てってどうしたらいいの…

  • 通常技を置いて潰そうとすると相打ちになりやすく、先端当てはガードしてもあまり良い状況にならないことが大半です。
    • 低姿勢技で空振りさせるのがベター。

対空アパカ相打ち>ステハイ~が痛すぎる。

  • 飛びこむ際にジャンプ攻撃を出してなければ相打ちしません(追撃されません)。
  • 空中ヒットでダウンさせる空中技を持ってるキャラならそれを活用しましょう。

ベガ

ヘッドプレス対策

対処は2つ。
  • 垂直Jして空中で横方向に強いJ攻撃出して打ち落とす。
  • 後ろに歩いて(キャラによってはバクステでもいい)下がってすかして着地にコンボを入れる。

上は出して来たの見てからこっちが飛んでもタイミングや距離悪いと逆に空中で踏まれることもあるが、
予測してタイミングあわせてれば大体落とせる。特に距離が遠い場合は大体これでいい。
逆に、ベガとの距離が近かったり画面端だと微妙。落とせずに逆に踏まれる可能性高い。

下の下がってスカすが一番安全。
ベガのヘッドプレスは出した瞬間の相手のキャラの位置に対してしか絶対に飛んで来れないので、ヘッドプレスを出した後に相手のキャラが下がるとその目の前に落ちてくることになる。
ヘッドプレスの着地には普通に隙があるので、そこにコンボ入れればおk。

対の選択肢でデビリバを追加出さずに出してくる場合は空かしても隙が少ないので注意。
この方法の問題点は画面端に追い込まれた場合で当然下がれないから空かせなくなる。
なので、端に追い込まれた場合は前に歩くかステップして空かさないといけなくなり難易度アップ。
当然、ベガ側はそれを知ってるので相手を端に追い込んでくる。
ヘッドプレスは画面端背負ってベガに鳥かご状態にされると対処が格段に難しくなるので陣地取り重要。

画面端のダブルニーラッシュ対策

基本的にダブルニーを読んで前ジャンプする。ただ毎回やるとベガの遠大Kに落とされるのでガードと前ジャンプの比率を5:1くらいにして読み合うのがベスト。一回のラッシュで3~4回削られるのは必要経費として我慢しよう。あとラッシュ中の前歩き投げはしっかり投げ抜けする。タメがないので痛い投げ抜け潰しはくらわない。思い切りよくやろう。

クリムゾン・ヴァイパー

EXセイスモが出し得すぎてウザイ

  • 実は、発生前に無敵が切れるので遅らせグラップ潰しっぽく通常技を出すと潰せます。
    • 持続の長い技ならなおよし。

バーニングに反撃できねえ!

  • 低姿勢技でスカすか、セービングで反撃するのがベターです。
    • 裏に回られるとセービングアタックが空振りするので、しっかりと画面を見て確認。

ルーファス

近距離でのファルコーンと投げの二択きついです…

  • 通常技対空にグラを仕込もう。
    • もしくは、無理にグラップで対抗しようとせずさっさと逃げる。

救世主からの派生への対処法は?

  • キャラによっては発生の速い技や無敵技で割り込み確定します。

フォルテ

起き攻め対策

フォルテが前に走ったら、バックステップでボディプレスと投げの両方回避できる。
またSAでボディプレスとスライディングを防げる。
フォルテが後ろに走ったらバックステップすれば大丈夫。

少し詳しく言うと、アバネロダッシュ(前ダッシュ)の後の行動は、
  • 弱P:急停止。スキがほとんど無い。
  • 中P:ボディプレス。中段。裏表の二択。
  • 強P:投げ。地上の立ち状態の相手のみ投げられる。
  • 弱K:バックステップ。
  • 中K:ソバット。立ち、しゃがみのどちらでもガード可。スキは少ない。
  • 強K:スライディング。下段。持続や先端当てされると反撃が困難。
んで、
アバネロバックダッシュ(後ろダッシュ)の後は
  • 弱P:急停止。前ダッシュと同じ。
  • 中P:ボディプレス。前ダッシュと同じ。
  • 強P:投げ。地上の相手なら、立ち・しゃがみ関係なく投げれる。プロペラ。
  • K(強さ不問):バックジャンプ。壁際なら三角飛びが可能。
最後に、
三角飛びは、
  • レバー入力と同時に中P:ボディプレス。レバーで軌道を多少変更可能。中段。
  • レバー入力と同時に強P:投げ。前ダッシュと同じ投げ。レバーで多少軌道変更可能。
  • レバー入力後に攻撃:ジャンプ攻撃が出せる。レバーで多少(ry
な。

ほとんどのキャラはプレスか前ダッシュ時の投げ(ファヒータ)をバクステで避けたら、反撃入れられる。
慣れないうちは大足が楽。慣れたらもっとキツイのを入れてやればいい。

起き攻め対策(プレスとプロペラについて)

プレスもプロペラも、 起き上がりにビタ重ねしてたらバクステでかわせる。
だが、前ステだとプレスは避けれてもプロペラは避けれない。
あと、起き上がりに遅らせめくりプレスにはバクステが潰され、遅らせ正面プレスに前ステは潰される。
同じタイミングでしか出さないフォルテだったらバクステだけで良いよ。

EXケサディーヤボムガード後に反撃


アベル

マルセイユローリング(前転)対処法

動作中は打撃が当たらない。 が、投げられ判定はあるので投げが有効。
ただし、こちらの起き上がりに裏表2択をかけるように出されたときは注意。
アベル側が数フレ有利なので、通常投げで暴れると屈弱Pが刺さる。

チェンジオブディレクション対処法

1段目は両ガード可能。
2段目はPが中段、Kが下段。
3段目もPが中段、Kが下段。(モーションは投げだが、ガードは可能。)

2段目も3段目も中段が早く下段が遅いので、「立ちガード⇒しゃがみガード」と切り替えるファジーガードで安全にガードできる。
発生3F以下の無敵技を持つキャラであれば、アベルが1段目止めしようが2段目に派生しようが反撃確定。

1段目と2段目の間にはSAで割り込める。
これで、アベルは好き放題に最後まで出し切れなくなる。
そこからは、1段目止めとCOD出しきりとの読み合い。

弱中強EXともに1段目ガード後はガード側が3F有利なので、1段目で止めた場合は最速の通常投げが確定する。
だが1Fでも遅れれば、アベル側がトルネードスルーを出すと投げられてしまう。
また、アベルが2段目 (中段) を出してきた場合は食らってしまう。

前蹴りをガード後

アベル側は通常投げ、トルネードスルー、強Pや強K、飛び防止の屈弱Pなどを狙ってくる
  • 通常投げ: アベル側のリスクが比較的少なく、グラップを誘うことによってトルの期待値が上がる。
  • トル: 投げを吸うが、相手は垂直ジャンプで最大リターン。キャラによってはバクステ後でも反撃可能。
  • 強P、強K 飛び防止: 強パンは最速3Fで出て地上食らいに。だがしゃがんでると当たらないキャラ多し。なので、基本バクステ。狩られだしたら暴れろ。

ウルコン2(無空)対処法

  • 無空自体は モーション見てからアーマーブレイク技で破壊可能 だが、低姿勢なので当たりづらい。
  • 無空は地上投げ判定なので空中判定だと掴めない。
  • 暗転即ジャンプが安定。だが、無空はディレイ可能なので読みで出されるとかなり厳しい。
    また対空で出された場合は回避困難。竜巻などでタイミングずらしが理想。
    • そもそも、アベルのウルコンゲージ溜めに付き合わない、ゲージが溜まったら不用意なジャンプをしないなどの対策を徹底する。
  • アベルがキャンセルするか、突進してアベル側の投げ判定が消失するまで、 ボタン押しっぱなしで伏せている間も含めアベルはずっと投げ無敵 なので注意。投げ系の技でカウンターはほぼ不可能ということ。

AE版無空

  • AE版無空は 攻撃判定の発生が少し遅くなり、突進中のハイパーアーマーが無くなり、空振り時と動作キャンセル時の硬直が伸びた。
  • 弱体化しているとは言え、強力なウルコンなので対策はしっかりしておきたい。

セス

昇龍拳2段目確認セビキャンが出し得すぎてウザイ

  • バクステで昇龍をスカしましょう。空振りさせればセビキャンできません。
  • 素直にガードするのもあり。2ゲージ吐かせれると考えれば十分リターンはある。

J強Kと空刃の二択強すぎじゃない?

ファジーである程度は防げます。


豪鬼

遠強Kが出し得すぎてウザイ

  • キャラ限定ですが、二段目はしゃがみでスカせます。空振りさせればそのまま反撃可能です。
    • ただし、スカして反撃を誘ってそこに空振りキャンセル瞬獄殺を叩きこむというネタ(いわゆるえいた式)もあります。
  • 二段目をしゃがみでスカせないキャラは、低姿勢になる技で潰すか、後退などで空振りさせて差し返しましょう。

遠距離の斬空波動モードがきつい

  • 斬空波動拳は端々に近い距離から飛び越えたり、ダッシュで下を潜ってかわすことを繰り返して、 豪鬼をだんだん画面端に追い込んでいく。
    • 斬空を中間距離で飛び越えたり、セービングをして豪鬼に近づこうとすると遠大Kや昇龍などの各種強力な攻撃で追い返される。

斬空連発、阿修羅逃げされるんだけど…

  • ゲージ溜めを見せて 「攻めないと負けるぞオラオラ」 という空気を作る。
    • 斬空波動拳は 着地硬直が長い(通常:着地硬直は14F、EX:7F) なので、 近い間合いであれば相打ち上等で技をぶちかまそう。
      弾無敵になる技があれば、それで斬空を抜けて一撃かますのがベター。
    • 阿修羅閃空は終了時の硬直に飛び道具などが確定する。阿修羅閃空逃げ連発する相手には単価で打ち勝とう。

ときど式が…

  • 表裏ファジーガードで対応するか、暴れ昇龍などで切り抜ける。
    • 豪鬼が表にいる間は4入力、相手が裏周りする瞬間に逆側に入れ替えると両対応ガードになる。

百鬼の派生への対処がわからない

まずは各派生の特性を知りましょう
  • P派生
    • 中段、アマブレ属性つき、ガードさせて有利、ヒットすると地上空中問わずダウン、隙がないので空振りしてもローリスク&仕込みやスカし択といったことも可能
  • K派生
    • ガードさせて大幅有利、地上ヒットすればコンボにいける、空中ヒットだと空中のけ反りで終了、立ちかしゃがみかによって表に落ちたり裏に落ちたりする
  • 投げ派生
    • 地上でガードしていれば投げ成功、決まればダウンして攻め継続、空振りすると若干隙が大きい、
  • 無派生
    • 下段、ガードされると確反、ヒットすればダウン
基本的にはしゃがみガードもしくはバクステで安定。
P派生およびバクステ狩りの仕込みなどをしっかり使ってくる相手だった場合は読み合いです。


剛拳

金剛身で相手の攻撃を受けたのに反撃が出ないことがある

金剛身をアマキャンして次の金剛身が出ているため。
レバーやボタンをガチャガチャと入力しているとこうなることがある。
正確に入力しよう。

後ろ投げ対策

ウルコンにつながる後ろ投げ。発生が遅いので逆にしゃがグラしにくい。
「困ったら後ろ投げ」みたいに考えている相手であれば、対策は立ちグラ連打でいい。
剛拳は下段始動からのコンボがないも同然なので、下段で反撃されても安く済む。
投げ暴れを潰せる連係も少ない。
ただ、やりすぎると投げスカりモーションを投げられることもあるので、間合いが離れたらちょっと注意。

さくら

飛び込めない!

さくらの対空はかなり安定して、こちらが飛び込むのは難しい。
しかし、さくらは近距離に特化したキャラで牽制能力は余り高くない。
したがって、牽制で削り、相手が焦れて飛んできたところを落としていくのが重要。
自分から飛ぶ必要はあまりない。

飛びが落ちない…

さくらのJ攻撃は下に伸びるJ強K、判定の強いJ強P、そして軌道を変える空中春風とパーツが揃っています。
無敵技など、隙の大きい技による対空はなるべく控え、なるべく通常技による対空を多めにしましょう。

さくらのジャンプ自体は若干緩やかなので、派生される前に潰すのがベターです。

弱春風のグラ潰しが強すぎる!

  • 通常のしゃがみグラップだと小足が春風の下半身無敵でスカされやすく、簡単に潰されます。
    • コパグラなどの複合グラップを活用しましょう。


フェイロン

弱烈火拳が強い!

垂直Jで避けるのが理想。
セビは即出さないと次の烈火拳が刺さったりするので注意。
もちろん、空振りさせたらしっかり差し返そう。

ガードすれば-4Fなので、キャラによっては反撃も可能

EX烈火拳が強すぎる!!

二段目まではガードさせて-1Fにしかならないので、ほとんどのキャラは何も確定しません。
セービング、垂直J、差し返しといった反撃手段に限られます。

確定反撃は諦め、微有利のFを活かして崩し二択をかけに行くのもいいですが、
熾炎脚による暴れには気をつけましょう。

強とEXの烈空が出し得すぎる!!!

3段目をセビダで抜けましょう。4F技までが確定で入ります。
3段目のみをセービングできない間合いなら、リュウの中足のような低姿勢になる技で空振りさせて反撃できます。

対空技による迎撃は負けやすいので気をつけましょう。
垂直Jで避ける場合、1段目に引っかからないよう注意が必要です。

ダン

断空強すぎなんだけど…

バックジャンプ強Kなどで反撃しましょう。

キャミィ

フーリガンコンビネーション対策

しゃがめば投げられない。
ただし投げスカリ後の着地の隙は意外と小さい。着地にコンボ入れようなどと欲張らず普通に撃墜しよう。

起き上がりにねらわれると、レバー下入れっぱなしにしていてもしゃがみ移行状態を投げられてしまう。
起き上がり最速でしゃがみ通常技を出せばしゃがんだ状態となるので、避けることができる。
普段からしゃがみ通常技で避ける癖をつけておいてもいい。
もしくはリバーサル無敵技を出して落とそう。
バックダッシュやジャンプで回避もできるが、キャミィ側の入力によっては投げられてしまう。

差し合いでの(EX)キャノンストライク対策

中間距離でセービング。高い位置でセビれれば、セビlv2を当てることができる。
キャミイがセビ対策に前ステ投げやフーリガンをしてきたら、読み合い。
なおキャノンストライクはめくりになることはなく、立ちでもしゃがみでもガード可能。

イクゾッって言って飛んでくる変な技に対処できない。

  • 立ち回りでのオウガは、とりあえず見てからバックジャンプが大安定です。
    • ガードした場合も、セットプレイでの先端当てでもない限りは3F発生の技があればだいたい確定します。

ローズ

スラ>バックダッシュだけしてる奴どうすんのこれ

そもそもスラ先端の間合いに付き合わないのが最善。
どうしても一矢報いたい時はSAを置く。セビ→即開放でダメが取れることも。

ディージェイ


サンダー・ホーク

コンドルスパイア強くね?

  • 置き牽制で潰せます。
    • が、無理に付き合わないのが大事です。

ジュリ

ジュリに勝てないんだけど!


アドン

ジャガキ強すぎ!削りすぎのリスクなさすぎ!

  • 無敵技で落とそうとすると、反応が間に合わなかったり強ジャガキで釣られたりしてハイリスクです。
  • 我慢してガードしながら、バクステを合わせて空振りさせましょう。そこに反撃を叩き込めます。
  • 近距離なら、思い切って前ステして下を潜る手もあります。

コーディー

ゾンクうぜえ!

  • 上半身だけ無敵だから、 リーチのある下段で潰そう。
    • 迂闊な上段判定での牽制はゾンクの格好の的。チュンリーの元キックでさえもスカせる。
  • ガードすれば8F有利。 でも先端当てられるとキャラによっては反撃が出来ないかも?
    • 牽制でブンブン振り回すゾンキー囚人には、読んで垂直Jからフルコンだ!

EXゾンクもうぜえ!!

EXゾンクは発生が16Fと遅いが、その間は完全全身無敵!
起き攻めEXゾンクされると、起き上がりぶっぱウルコンでさえも狩られる可能性有り。
しかし、
  • ガードすれば7F有利。
    さらに先端当てをガードしてもノーマルゾンクより距離が離れないので反撃余裕。
  • 起き上がりリバサEXゾンクに対しては、コーディーの起き上がりにコパ一発重ねてガードで様子見すれば超安心。
    • でもロコツに起き上がりにコパ重ねしてると起き上がりEXクリミナルを喰らうので注意。
      (EXクリミナルアッパーは発生までの7Fまで投げ無敵、4Fまで打撃無敵)

ガイ


いぶき

立ち回りでのくないがうぜえ!

  • くないには食らい判定があるので、攻撃判定を合わせると一方的にくないが負けます。

起き攻めでのくないがうぜえ!

  • 表裏の択なので基本的に2択。
  • 12321...で表裏両対応昇龍拳を出せば、表でも裏でもくないを消しつつ勝てることも。
  • クナイをセビで取ってのバクステが全キャラ共通の対策。

いぶきの下段突進技がキツイ!

  • 下段なんで、基本的に地上ではしゃがみガード安定。
  • 中段? 見やすいから立ってガードでOK。

まこと

ダッシュ速すぎて見えねえ…

  • 移動スピードと距離はかなりのものですが、無敵があるわけではないので置き牽制が非常に有効。
    • コパとかを適当に撒いているだけでもまこと側からしたら相当にウザイです。

低空剣が出し得すぎてウザイ

  • 置きセービングが有効です。

ダッドリー

中下段2択が見えない…

  • ファジーガードで対応しましょう!起き上がりに重ねられたら2択です
  • もしくは、バクステ、無敵技ぶっぱ、セビバクステなどで拒否。

ハカン

オイルダイブ対策

  • しゃがめば投げられない。

ユン

シコシコボク対策

  • 発生前を潰すのが理想。
    • 弱によるフェイントがあるので、無敵技で攻撃部分を抜けて反撃しようとすると色々とややこしい読み合いになる。
      • なので、こちらの技がすぐに届く間合いを維持するのがユン戦の基本。
  • ちなみに、攻撃部分は飛び道具判定。
    • フェイントでないことを読めたら弾無敵技で抜けるのもいい。
      • しかし、攻撃判定&持続の厚さが尋常じゃないので部分無敵技や無敵の持続が短い技だと潰されやすい。

強二翔ぶっぱが出し得すぎてウザイ

  • 実は追いかけて通常技を普通に刺せるくらい硬直が大きいです。
    • セビキャン不可なので、ガードしてからしっかり反撃しましょう。
    • 強制的に横溜めが解除されるので、溜めキャラ使いは少し工夫する必要があります。

EX絶招が出し得すぎてウザイ

  • ジャンプを事前に置いたり、判定の強い技を置いたり、バクステで間合いの外に逃げることで対処できます。
    • ガードしてもユン側が+1Fなので美味しくないですが、喰らってしまうよりはマシなので見てから対処する場合はガードも考慮すること。

中PTC強すぎ

  • 二段目止めはユン側が-3F(2012版は-6F)なので、リーチの長い2~3F技を持っているキャラは活用しましょう。
  • 初段のリーチはあまり長くないので、差し返すのも有効。
    • 判定が強いので、置き牽制で潰すのはやめた方がいい。

雷撃が落ちねえ…

  • スピードが速いので、無理に見てから落とそうとしない。
    • アベルのホイールキックのようなものと思って、ガードしてからの読み合いや反撃を大事にする。
    • 全キャラ共通の技なら、セービングが比較的有効。
  • 技モーション中は喰らい判定がかなりでかくなるので、ある程度打点の高い技なら簡単に潰せたりする。
  • 落とすだけならコパで落ちるので、コパ連打で簡単に落とせる

ヤン

蟷螂セビキャン後の攻めがきつすぎる

  • 強蟷螂2段目セビキャン後はヤン側が+6Fです。しっかりしゃがみガードして守りを固めましょう。
    • 投げ擦りは絶対にやらないこと。小足の的になるだけです。

めくり中Kと雷撃の二択が見えなさ過ぎてヤバイ

  • 一応、ある程度はファジーで防げます。

殺意リュウ

通常技>中カカトの連係に対処できない

中足>中カカトの連係は6Fの間隔が開くので無敵技や発生の速い技で割り込めます。
大P>中カカトは無敵技でしか割り込めません。
近中P>中カカトは連続ガードなので絶対に割り込めません。

弱竜爪脚ガード後に反撃


狂オシキ鬼

赤星強すぎ!リスクなさすぎ!

  • しっかり立ちガードして反撃しましょう。立ちガードすれば8F程度の有利Fを取れます。
    • セビキャンされても投げが確定する程度には有利です。
  • 空中ヒットさせて大ダメージを狙える技があるなら、それを直接狙うのも手。

羅漢のガード方向がわからない

  • 近距離で強またはEXを出すと裏回る(めくりになる)。
    • 微妙な間合でいきなり出してくる場合は、大体めくり狙いなので逆方向にガード。
    • 突進中は当たり判定が大きくなるので、ガードするよりは小技を置いて潰したほうが良い。
  • コンボ中にいきなり強またはEXでガード方向を変えてくる場合もあるので注意する。

ヒューゴー


ポイズン


ロレント

コロコロがウザい!

ガードしてから反撃が間に合うキャラは反撃をしっかり入れて分からせましょう
https://www.youtube.com/watch?v=m64tNjRHJas

エレナ


ディカープリ



  • 羅漢からセビキャンのコンボが波動セビキャンのコンボよりシビアで、タイミングが掴みにくい、ある程度の目安を教えてもらいたい。
    -- (おれっす) 2011-07-18 23:00:03
  • 練習するしかないだろ -- (名無しさん) 2011-08-07 14:08:50
  • 羅漢は攻撃当たるまでワンテンポあるから確かにタイミング掴みにくいわな。
    -- (名無しさん) 2011-08-24 18:48:29
  • まことのブランカUC1対策で

    下段防御後ブランカが落ちてくるときに

    少しはなれているならUC1確定

    ほぼ密着なら小吹き上げ確定です



    -- (名無しさん) 2012-11-03 12:58:37
  • コーディーの大ラフィセビFD簡単な方法見つけました
    セビダッシュ後321236でなぜか出ます1Pトレモでしか試してませんが -- (名無しさん) 2012-11-25 04:00:05
  • ↑のコーディのUCだけど、ゲームシステム理解してればわかるはず -- (名無しさん) 2013-03-22 00:07:54
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る