SUPER STREET FIGHTER IV &AE & ULTRA Wiki

攻略

FAQ

上達関連

初心者講座



USF4

AC/CS共通

AC

CS



PC版



Steam版



過去作品

家庭用



その他

情報

アンケート

リンク



作業用テンプレート



外部サイト

その他リンク



Today -
Yesterday -
Total -

ケン UL

ケン
  • 2012,AEの情報も参考に。

ストーリー

リュウの兄弟弟子にして親友、そして最大のライバル。
アメリカを代表する財団、マスターズ家の御曹司でもある。
新しい命を宿した妻のため、リュウからの再戦の誘いに応えることをためらうが、
イライザ自身の励ましを受けて旅立つ。

プロフィール

フルネーム ケン・マスターズ
ファイティングスタイル 暗殺拳をルーツとした格闘術
誕生日 2月14日
代表国/出身地 アメリカ
身長 175cm
体重 72kg
3サイズ B114/W82/H86
血液型 B型
好きなもの スケートボード、パスタ類
嫌いなもの 梅干し、ソープオペラ
特技 パスタ料理
キャッチコピー 紅蓮の格闘王
CV 岸祐二

概要

リュウ同様、「SF」シリーズの主人公格の立ち位置を務めるキャラクター。

通常技に癖がなく高性能なものが揃っており、
必殺技も波動拳(飛び道具)、昇龍拳(無敵対空)、竜巻旋風脚(突進)と技構成のバランスが良い。
同門という設定があるリュウにそっくりな技を備えるために「リュウと同じ」キャラだと誤解されがちだが、 キャラの本質はかなり異なる。

まず、
  • 昇龍拳が弱中強EXで大きく性能が異なる
  • 竜巻旋風脚やEX波動拳で相手がダウンしない
  • 波動拳の発生、硬直が悪く、速度も遅いため回転率が悪い
という特徴がある。そのため、 弾のプレッシャーを盾にした堅実な地上戦をすることは少し難しい。
その他、SAの性能が低めだったり、バックステップの硬直が長かったり、通常技の繋がりが悪いなど細かい点を見ると至るところで立ち回り、防御面でやや難のある性能となっている。

リュウと比べて特筆すべき点としては、まずは踏み込み前蹴り(+中K)を駆使した奇襲&牽制能力。
この技を筆頭とした優秀な足技により通常技で横に押していく能力が高く、 中距離における差し合いや陣取り合戦に強い。
ULでは前歩き、後ろに下がる速度が早くなり、

他にも、
  • 踏み込み前蹴りを活用した、全キャラ中で最長のリーチを誇る移動投げ、移動セービング、移動必殺技
  • 発生の早い稲妻踵割り(4中K)、発生は遅いが威力の高い紫電踵落とし(6大K)という2つの地上中段
  • 斜めJ中Kや斜めJ弱K、各種空中竜巻を駆使しためくり
など、攻めに関しては強力な要素を多数備える。
以上の点から、 「スタンダードに立ち回りつつも、いざとなったらオラオラ猪突猛進な戦闘スタイルで押し倒す」 という戦法を得意とし、
攻めのターンを掴んでから豊富なネタのラッシュで一気にハメ殺す のがケンの面白みと言える。

リュウ同様、技構成がスタンダードなため初心者にオススメなキャラクターの一人。
特に、 積極的に前に出て行くスタイルが好きな人 ならリュウ以上に推奨できるキャラだろう。

長所

  • 基本的な技すべてが揃っているので、ある程度は相手に応じた戦い方ができる。
  • 通常技の性能が良く、使い勝手が良い。
    • 特に踏み込み前蹴り(+中K)を筆頭とする足技による牽制能力が高く、中距離戦が得意。
  • 非常に隙の少ない弱、対空向けの中、コンボパーツの強と使い分けのできる高性能な昇龍拳を持つ。
    • ウルⅣでは他キャラの調整もあって全キャラ中で唯一ガードされたのを確認してからセビキャンでフォローできるノーゲージ昇龍拳を持つキャラに。
      相対的にだが、防御性能が強化された。
  • 全キャラ中最長の移動投げ、それぞれに特性がある地上中段2種類と、接近・崩し・起き攻めに関するネタが豊富。

短所

  • 波動拳の性能は他のキャラに比べると硬直が長めで、飛び道具での牽制は苦手。他の飛び道具キャラとの撃ち合いで押されやすい。
  • (強化されたものの)歩きの速度が遅く、細かい間合い管理が難しい。
  • 間合いを詰める技は多いが、自分から接近しないと纏まったダメージが取りにくい。
  • コンボの最大火力が控えめ。コンスタントなダメージは奪いやすいが、コンボ一発で一気にダメージを奪うにはゲージや状況に依存する。


現行スレ

過去ログ


立ち回り



コマンド表

☆印はEX対応技
分類 技名 コマンド 備考
通常投げ 背負い投げ (近距離で)orN+弱PK
地獄車 (近距離で)+弱PK
特殊技 稲妻カカト割り +中K 中段技
踏み込み前蹴り +中K
紫電カカト落とし +強K 中段技/K押しっぱなしでフェイント
ターゲットコンボ ターゲットコンボ1 近距離中P→強P 強制立ち食らい効果あり
必殺技 波動拳☆ +P 飛び道具
昇龍拳☆ +P
竜巻旋風脚☆ +K アーマーブレイク属性
空中竜巻旋風脚☆ (空中で)+K
スーパーコンボ 昇龍裂破 +P
ウルトラコンボ 神龍拳 +PPP アーマーブレイク属性
紅蓮旋風脚 +KKK 1段目アーマーブレイク属性


技解説

通常技

キャンセル 解説
立弱P 連必S 肘打ち。ヒット及びガード後の有利Fが屈弱Pより若干長い。固めとして使い、移動投げを狙いたい。
連必S ジャブ。上に同じく有利Fが長めなので、座高の高いキャラには多用してもいい。やはり移動投げに行きたい。
立中P 必S フック。 TC有り(近中P→強P) 。ガードさせると中足が確定するくらい不利。
AEで強化され、それなりに使うことが増えた。
S ストレート。ストⅢ3rdのものに似ている。出が遅いが、全体モーションが短めで攻撃判定もそれなりに強い。
ヒット時は中足に繋がるほどの有利Fが稼げる。リターンが大きめな牽制。
立強P 必S アッパー。
ヒット時は相手を強制的に立ち喰らいにする。飛び込みからのコンボパーツに。
- フック。発生が速めで隙もあまりないが、打点の高さとリーチの短さから当てにくい。あまり使う機会はない。
立弱K 連必S ローキック。足元を攻撃しているが立ちガード可能。エミリオ式の連係で強Kを仕込みながらだしたりする際に活躍するかも?
- ハイキック。判定や打点などこの技単体の性能で見ればかなり対空向きだが、実際は近弱Kに化けることが多く使いづらい。見てから落とすなら昇龍の方が良い。こちらはあくまで牽制用。
立中K 必S スパIIX時代の頭の高さまで足を上げるモーション。
有利Fが長めでヒット時にノーキャンセルで強昇龍拳や中足に繋げられる。
ヒット時は 強制立ち喰らい効果 あり。グラ潰しやコンボの繋ぎに使おう。
- 横蹴り。足元の喰らい判定が非常に薄く、差し合いに使える。
屈中Kよりリーチは短いが、判定が強い。対の選択肢として使おう。
立強K 必S ストIII3rdでの中K(鎌払い蹴り)モーション。ヒット時にキャンセルが可能。
ケンの近距離用・通常技の中では特にリーチが長い上に僅かに前進するため、バクステ狩りになることも。威力も高く、最大ダメージ狙いの時に重宝する。
- 一文字蹴り。ケンの通常技の中では最も高威力。
喰らい判定が前進したり空振り時の隙が大きかったりするが、意外に足下の判定が下がるためにしゃがんでいる相手に当たりやすい。先端を当てるように使おう。UL版で硬直が少なくなり、中距離牽制に使いやすくなった。
屈弱P 連必S 通称は 「小パン」「コパ」 など
ガードさせて有利。ヒット確認からコンボと当て投げの判断をしたり、大事な技。
近距離戦の要。
屈中P 必S 通称は 「中パン」 。モーションの小ささと判定の強さがウリのしゃがみストレート。
AE版から通常ヒットでも目押しで屈中Kなどに繋がる。牽制やグラップを潰す際に重宝する。
屈強P 必S 突き上げアッパー。従来のものと微妙にモーションが違うが、使いやすさは健在。
咄嗟の対空やコンボパーツとして使える。攻撃判定が上に行くまでに少し間があるので、対空に使用する場合は早めに出すようにしよう。また、横へのリーチはかなり短いので相手との距離にも注意し空振りしないようにしよう。
リュウのものと同様、ヒット時は 強制立ち喰らい効果 あり。この技がヒットした後は竜巻旋風脚が確定で繋がる。
屈弱K 連必S 通称は 「小足」「コア」 など。下段なので連係の始動に。発生も非常に速く、使いやすい。
屈中K 必S くるぶしキック。通称は 「中足」 差し合いの主軸技。
リュウの同技と比べて、発生の速さで優れる数少ない技の一つ。リーチの長さに反して脅威の4F発生。
屈強K - 通称は 「大足」 。ヒット時は(クイック受身不能の)ダウンを取れる。
リュウの物より発生は遅いが隙が小さく、威力の面でも優れる。リュウのものと比べれば、気軽に差し合いに使える。ウルトラでは発生が7Fになり、立ち弱Pなどから繋げられるようになった。さらに硬直が19Fに減少し、扱いやすくなった。
J弱P 垂直 - 空中でジャブ。見るからに痛くなさそうな技。あんまり使わない。
斜め - 空対空では中々強い。前方J弱Pで相手のJを落とした場合は
相手の着地に表裏択が仕掛けれるが、そこまでして使うもんでもない。
J中P 垂直 - 斜め下方向を殴る。下方向への判定がかなり強いため、「相手の突進技読みの垂直J回避→攻撃」に使える。
斜め - 斜め下へのストレート。J強Pという上位互換技があるため、使い位置は皆無。
J強P 垂直 - ストⅢと同じ空中水平チョップ。垂直J中・強Kと比べてリーチが微妙。
斜め - 斜め下へのいつものパンチ。リーチは斜めJ強Kに劣るが、その分喰らい判定も小さい。
ガイルの屈強Pなど通常技対空に相打ち以上を取れることも多い。近場での正面飛びにはコレ。
J弱K 垂直 - 真上への蹴り上げ。技の出は早いが、リーチに難。
垂直J攻撃は他に優秀な技があるので微妙。
斜め - 膝蹴り。判定がなかなか強く、めくりにも使用可能。画面端で当てるとめくりの軌道でも表に落ちるのでめくりに対応してくる相手を騙せる
J中K 垂直 - 空中で持続の長い立中Kを出す感じ。真横らへんを蹴る。
攻撃位置が対地・対空両方にいい感じで、様子見の垂直Jや起き攻めでの重ねとして出していく。
斜め - いつもの膝落とし蹴り。横に伸ばした足とヒザの両方に攻撃力があり、めくり性能が高い。というか大体めくり用。
J強K 垂直 - 自分より上方を攻撃できる唯一の技。上を攻撃したい時に使う。
開幕に飛び込んでくる奴はこれで撃墜。
斜め - いつもの飛び蹴り。めくり性能はないが、横に長く威力が高くのけぞりも長いと非常に便利。
表落ちの距離で飛び込むならほぼこれ。

投げ技

解説
背負い投げ 相手を地面に叩きつけ、強制ダウンを奪う。
技の威力は地獄車より若干低いものの、技後も相手と距離が離れないため起き攻めの猶予が長め。
後述する、+中Kを空振りキャンセルしてからの移動投げで活躍。
地獄車 後方にゴロゴロ転がってから放り投げる御馴染みの技。
移動距離が長く、相手を画面端に追い詰めやすい。
移動投げに使うのが入力の技なので出番は少ないが、
立ち位置が入れ替わる特性があるので状況に合わせて使い分けたい。
ちなみに空中投げの「地獄風車」は今回も無し。
※高性能な移動投げが使えるせいか、ケンの投げは威力・気絶値どちらも低めに設定されている。

特殊技

解説
稲妻カカト割り 中段技。 発生は速いがリーチはあまり長くない(足先端にまで攻撃判定アリ?)。追撃はできない。
1ヒット技なので、セービングアタックも潰せない。あくまでしゃがみを崩す手段として。
踏み込み前蹴り 1歩踏込んで小さく蹴り上げる「3rd」と異なり、本シリーズでは前進しながら前に押込む様にして大きく蹴りを放つ。
「ストⅣ」におけるケンの代名詞と言っても過言ではない技。中距離牽制の主力であり、移動投げにも使用。
前進しながら攻撃できる上にリーチも長く、その割に発生や硬直は短め。奇襲や牽制にと大活躍する。
ガードされると微不利になるので、相手にめり込む位置では出さずに、足の先端のみを当てるようにしたい。
カウンターヒット時は目押しでいろいろ繋がり、リターン面でも優秀。
ただし、足の部分の判定はそんなに強くないため、潰される技には潰される。置き技には注意。また、セビで受け取められるとそのままフルコンを決められてしまうので多用は禁物。
紫電カカト落とし 中段技。 稲妻カカト割りと比べて前進しながら攻撃するのでリーチがあり、単発の威力も大きめ。
下段攻撃で揺さぶってから使うのはもちろん、
初動モーションやリーチの長さが似てることを利用して、
+中Kをしゃがみガードで防ぐ相手に狙ってみるのも面白い。
CHで屈中Kに繋がる。グラ潰し気味に使うのもいい。ウルトラでガードされても五分になったため、振りやすい技となった。
紫電カカト落とし(フェイント) 膝を上げてすぐ戻す。
技後の硬直がかなり短く、これで近づいて小足を差したり投げたり昇龍拳で暴れを狩ったりして使う。
用心深い相手には有効だが、攻撃的な相手に使うとフェイントを見てから小技で暴れられるので注意。

ターゲットコンボ

解説
ターゲットコンボ1 ストⅢのターゲットコンボとよく似たモーション。 コマンドの簡単さと強制立ち食らい効果がウリ。
AEで強化され、ULでも強化。コアコパ目押しコンボが出来ない人はこちらを使っていこう。
ガードされると大足が入るくらい不利、ヒットしても中足が入るくらい不利なので、出すならキャンセルで必殺技まで繋ごう。
このTCが入るような場面では近強Kが入るため、ダメージ重視ならそちらを。
ガードされた場合はゲージを消費しないと攻め継続ができないので、できればガードされても択を迫れるコアコパコンボを練習しておきたい。

セービングアタック

レベル 解説
レベル1 ガードさせると前ダッシュしても微不利なので、基本的にはバックダッシュを仕込んでおく。ただし、昇龍拳暴れによる逆二択を仕掛けられるので時には強気に走っていこう。
また、CHさせてよろけさせればコンボにいける。前ダッシュしていた場合はそのままフルコン。バックダッシュしていた場合は少し歩いて屈強Kや、ダッシュで詰め直して昇龍拳などに繋げていこう。
レベル2 ガードさせても+4F。通常ヒットでよろけさせられるので、前ダッシュ安定。ヒットしていたらそのままフルコン、ガードされていたら小技を連続ガードさせてから連係へ。
レベル3 ガード不能でよろけさせる。当然のごとく、前ダッシュ安定。ヒットしたらフルコン。
  • 腰を落とした後、小さく飛び上がって回し蹴りを出す。
  • 威力は高めだが、全体的に見ると性能が悪い。
    • 並のキャラより若干発生が遅い上に、技後の硬直の長さは最低ランク。
      • 危ないと思ったらすぐにダッシュでキャンセル。空振りだけはNG。
  • リーチがさほど長くないのが欠点…とは言え、並程度にはある。
    • その場から動かずに攻撃するため、コンボを狙うにはダッシュキャンセルが必須。
  • 打点が高いので、ブランカのしゃがみ時など相手の姿勢が極端に低いと空振りする。注意。
  • 「攻撃時に飛び上がる」という性質を利用して、相手のSA潰しの小足連打に有効…かもしれない。
    • 喰らい判定が攻撃判定より下に出るため、相手の打点が低い技をスカすことはできない。

必殺技

解説
波動拳 飛び道具。リュウのものより発生・速度等ほとんどの点で劣る。弱版の弾速は遅いものの、硬直が長くケンの足も遅いため、春麗やローズのように弾を追いかけて連係をすることは難しい。
対抗策は多いが、相手の飛び込みが届かない距離ではメインの牽制技。相手の飛び込みや弾抜け技が当たる距離ではなるべく撃たないようにしよう。屈中Kからの連係にも。波動(ヒット確認)>EXセービングキャンセル>前ステ>追撃でダウンを奪えると起き攻めのチャンスが増える。ウルトラでダメージが70に増加したが、屈中Kキャンセルから出すと割り込まれる間合いがあるのは同じ。
昇龍拳 ケンの十八番の対空技。弱・中・強・EXでヒット数が1ずつ増えていき、強以上は炎を纏う。
弱は発生直前まで無敵、発生と同時に下半身無敵。中は発生後まで無敵あり。
弱は完全無敵時間こそ短いが充分に判定が強い上に、無敵技としては破格の硬直の少なさを誇る。ダルシムのズムパン潰しやゲージ回収手段として使える。
中は対空用。引き付けて使う。引き付けが甘いと相討ち。しかし相討ち>強 or EX昇龍拳で追撃可能。横へのリーチが短いため、手前に落ちるように飛んできた相手には空振りして甚大なスキを晒してしまう。使用する際は相手との距離をしっかり見極めよう。ダメージ量が大きいが、1段目のみヒットだと相手がダウンしないので地上の相手には使用を控えよう。
強は威力が高い上に技後に起き攻めしやすく、かなり遠めでも安定してフルヒットするのでコンボの締めとして大活躍。また、1段目をCH後もしくは空中ヒット後にセビキャンすると色んな技が繋がる。
弱は対地の暴れや牽制狩り&ゲージ溜め、中は対空の要、強はコンボ用と用途がはっきり分かれている。
ウルトラでは全ての威力でセビキャン前ステが5F不利に変更され、中昇龍は初段ヒット時吹き飛びやられ、大昇龍は2段目ガードさせてセビキャン前ステすると-7Fとなり、ダメージが+10されて50になるなど、リスクとリターンがセットで上げられている。
竜巻旋風脚 突進技。リュウのものと違ってダウンは奪えないが高威力。強が根元からフルヒットすれば、EX昇龍拳に匹敵する威力が期待できる。
アーマーブレイク属性ありだが、元々連続ヒットする技なので効果は薄い。ただし、赤セビには強い。
ヒット後はこちらが微不利(中版のみ五分)になる。ガードされると反撃確定な上にしゃがまれるだけで当たらないため、立ち回りで使うのはリスクが大きい。
飛び道具を抜けることが可能だが、かなり早めに出さないと駄目。基本的には立ち喰らいのヒット確認からコンボの締めに使うことがほとんどだろう。
ウルトラでは大竜巻の発生が7Fから6Fになり、ヒットするケースが増えた?
空中竜巻旋風脚 上空で竜巻旋風脚。地上版と違ってアーマーブレイク属性は無い。弱中強の順で回転速度が上がり、滞空時間が増える。
弱はめくり、強は対空昇龍系スカしに使える。
他には空中制御による対空拒否に使う。たまに空対空だと打ち勝つこともある。
あとはバックJなどの着地寸前に出して、せこくゲージを回収する際にも。
ウルトラでは登りで出した時の挙動が変化している。

EX必殺技

解説
EX波動拳 攻撃判定が2つあるのでセービング潰しや飛び道具合戦に混ぜていく。
地上で通常ヒットしてもダウンしないのを活かし、目押しコンボに組み込むのも面白い。もちろん中足からの連係にも使える。
なお、空中ヒットするとダウンになる。
EX昇龍拳 威力・無敵・範囲すべてにおいて優秀。
高威力を見込んで、連続技に組み込んだり追撃に使ったりしよう。
対空に使用する場合は相手の位置によって二段目が当たらなかったり、後半が当たらなかったりする。このため、相手との距離が適正でないとフルヒットせずダメージがかなり減ってしまう。
かなりの高度まで飛び上がる上に大きく前に出るため、空振りすると致命的な隙を晒す。注意。
EX竜巻旋風脚 アーマーブレイク属性あり。リュウのものと違って前進する。威力が高い上、ヒットさせて1F有利なので攻めを更に継続できる。
移動速度が速いため、EX昇龍拳が届かない距離での中足から繋ぐとダメージチャンスが増える。ただしさくら等にはスカることも。ヒット確信の牽制から繋げられると強力なダメージ源になる。
EX空中竜巻旋風脚 リュウのものと違って止まらずに進む。昇龍拳スカし、見えない表裏めくり、画面端からの脱出(強からずらし押し)などに。
着地の隙がほぼ無く、ガードさせた相手に固めを迫ることもヒットさせた相手に直接ウルコンを決めることも出来る。
しゃがみガード可能だが、しゃがんだ相手にもめくりヒットさせやすいため、あまり気にならない。
今作から全段とも中段判定に変更。

スーパーコンボ

解説
昇龍裂破 昇龍拳を二回連続で出す。二回目の昇龍拳は炎付き。
発生が2Fと異常に速く、全スーパーコンボの中でもトップクラスの威力を誇る。が、EX技の性能がいいので余り出番はない。
しかしスパコンとしては優秀な発生やリーチ、威力を持ち、空振り時の硬直も短い。殺し切れるならガンガン狙っていきたい。

ウルトラコンボ

解説
神龍拳 オラオラオラァーッ! 紅蓮の渦をまとった強化昇龍拳。根元ヒット時は乱舞演出(=空中水月蹴り→ローキック→一文字蹴り→鎌払い蹴り→大外回し蹴り→表裏反転した空中鎌払い蹴り)に移行後、逆手で神龍拳を放ってフィニッシュ。 発生後まで無敵。
ガード時や非根元ヒット時は、垂直に飛び上がる只の神龍拳になり、乱舞演出が入らずに威力はやや低め。空振り時の隙も大きい。
空中コンボパーツとして活用する際は、条件を満たさないとクリーンヒットさせられない。ただし、非クリーンでも充分ダメージは取れる上にクリーン時と比べてヒット後の状況が良く起き攻めしやすい。狙えるときは積極的に狙おう。
微妙に発生が遅いので、コマンドの長さも相まって対空として使うには難しい。
無敵時間は長いので、密着状態での固めに割り込むようにして使うと吉。
  • クリーンヒットは初段の攻撃部分さえ当てれば、相手の身体のどこに当てても(腕や足などでも)OK。2012で攻撃判定が広くなってクリーンヒットしやすくなった(捲り気味の位置でもヒットして相手がワープして乱舞になる)。
    • 距離が離れていようが、相手を瞬間移動させて問答無用で乱舞が決まる。ダルシム戦だとものすごい距離を移動して蹴り始める。
  • 根元の攻撃判定消失と同時に無敵も終了?
  • 相手の飛び込みに対して使う場合
    • 相手がジャンプした瞬間に入力を開始、届きそうな位置に相手がいたら頂点付近でPPPを押すとクリーンヒットしやすい。
      発動した時点で相手が既に落下を始めていたら黄色信号。発生が遅いのでガードされてしまう。
      早すぎてもカス当たりになる上、攻撃判定が狭いのでめくりには当たらない。

解説
紅蓮旋風脚 派手に決めるぜ! 炎を纏った外回しのトルネード(ショーンの技)で10回転して突進。最後の1段がヒットすると、止めに強力な回し蹴りを放つ。
発生が速く、立ち弱Pなどから目押しで連続ヒットする。飛び道具無敵もある。初段はしゃがんでいる相手に当たり強制立たせ効果もあるが、2段目以降はしゃがんでる相手には当たらず、さらに相手の上を通過しないため確実に隙だらけで相手の目前に着地してしまう。
神龍拳に威力こそ劣るが、中距離や近距離での牽制合わせ、暴れ潰しとしてプレッシャーを掛けていけるのは魅力。初段の発生は速いが、その後の前進していくスピードは余り速くない。中距離で飛び道具を見てから抜ける手段としても使えるが、相手の位置が遠いと初段が届かずダメージが減ったり相手のガードが間に合ったりするので、間合いを選ぶ必要あり。初段のリーチはウルトラで延長され、前中Kより少し短いくらい。
波動拳セービングキャンセルから繋がるため、神龍拳とはまた違った形のコンボパーツとして活躍してくれる。アーマーブレイク属性は初段のみ。


基本コンボ

  • J強K>屈中K>波動拳
    • 基本3段。ケンに限らず、ほとんどのキャラで通用する構成のレシピ。
    • できれば、J強Kをヒット確認した時点で昇龍拳や竜巻旋風脚との使い分けを判断できるようになっておくと良い。

  • J強K>屈強P>強orEX竜巻旋風脚
    • ダメージ重視の3段コンボ。
    • コンボ後は強の場合は微不利な状況になる。ここから昇龍拳と投げ暴れで逆二択をかけるのも面白い。
    • EXの場合は逆に微有利。更に攻めを継続しよう。

  • 屈弱K>屈弱P>強orEX昇龍拳
    • 屈弱K始動コンボ。屈弱Pからは目押しで昇龍拳に繋げる。
    • 屈弱Kがヒットした時点で大抵は立ち喰らいなので、コアコパ以降の繋ぎを「>屈中K>強竜巻旋風脚」とするとダメージアップを見込める。
    • 難易度が高いが、弱Pからの強昇龍拳を移動強昇龍拳にすると距離問わず安定して繋がる。移動強昇龍の入力は6236中K+強Pなど。

  • 昇龍拳>EXセービングキャンセルダッシュ>神龍拳
    • いわゆるセビ滅だが、フルヒットさせようとすると特定条件を満たす必要があるため、リュウのものより高難易度。
    • はじめはカス当たりでもいいのでとりあえずヒットさせよう。
    • 確実に決めたいならセービングアタック>キャンセル前ダッシュ>前ジャンプ>(裏回り後)強昇龍拳1発目>EXセービングキャンセルダッシュ>神龍拳がSF4で385、それ以外のエディションで515のダメージを与えられる。

  • 踏み込み前蹴りCH>屈中K>各種必殺技
    • 踏み込み前蹴りがCHしたら目押しで屈中Kに繋げる。
    • ヒットした距離、立ち喰らいか屈み喰らいかを確認して必殺技を使い分けられると良い。
      • 近距離で屈み喰らいだった場合は強昇龍拳、立ち喰らいだった場合は竜巻旋風脚、距離が遠めだった場合は波動拳など。

  • 立弱P>紅蓮旋風脚
    • 小技から目押しでウルコンに繋げる。
    • 難しいが、できるとダメージ源が増えるので覚えても損は無い。

  • 屈弱K>屈弱P>屈中K>波動拳>EXセービングキャンセルダッシュ>紅蓮旋風脚
    • コアコパ>中足波動>セビキャン>ウルコンという構成のコンボ。
    • ゲージを使用してしまうが、ヒット確認が容易で安定させやすいので、紅蓮を選択していたときには活躍するコンボだろう。


アピール

  • オラオラ、どうしたぁ!
    • 腰に手を当てながら相手を招く(アピール1)
  • 当たんねぇ技は無いのと一緒だぜ?
    • 脚を伸ばす運動(アピール2)
  • ふぁぁ…眠ぃなぁ…
    • あくび(アピール3)
  • 張合いねぇよなぁ…
    • 後ろを向いて軽くシャドーをする(アピール4)
  • 本気だしなよ?
    • ガッツポーズ(アピール5)
  • まだまだこれからだぜ
    • 腰に手を当ててポーズ(アピール6)
    • わりと嫌味が少ないアピール。使いやすいかも。
  • あのさぁ、そんなもんなの?
    • 片足立ちしながら、頭の後ろで手を組む。(アピール7)
      • 完全な挑発。なめてるやつで賞。
  • もっとこう、ガツーンと来いよ?
    • 脚を伸ばす運動。モーションはアピール2と同じ(アピール8)
  • とっておきを見せてみろよ
    • さわやか。モーションはアピール5と同じ(アピール9)
  • 逆転のチャンスはまだあるぜ?
    • 挑発っぽい。モーションはアピール1と同じ(アピール10)
その他のボイスはこちら


勝利メッセージ

ラウンド勝利時

  • イェイ!
  • ようし!
  • しっかり練習してこい!
  • やったぜ!

タイムオーバー勝利時

  • 当然だよなあ!?

汎用

01 要するに勝負を決めるのは実力ってことだ!簡単だろ?
02 そろそろ全米じゃなくて北半球格闘王くらい名乗ってもいいかもな
03 負けられない相手がいればどこまでだって強くなれるものさ!
04 おっと そろそろイライザに連絡しとかないとな!
05 我ながら決まったぜ!リプレイで見たいところだな!
06 いくらでもかかってこい!たたきつぶしてやるぜ!!
07 すごいなアンタ!こりゃオレのライバルもまだ増えそうだ!
08 オレの得意技は知ってるだろう?自分から当たりにきてどうする?
09 才能だけじゃ長持ちしない 努力してこそだぜ ベタだけど
10 イェイ!
11 やったぜ!

特殊

対リュウ
子供が生まれたら会いに来てくれよ!
待ってるぜ!
対ケン
(同キャラ対戦無し)
対春麗
仕事もいいけど
たまには息抜きしたらどうだ?
対エドモンド・本田
相撲じゃ全米一にはなれなさそうだな!
対ブランカ
噛み付きでも電撃でもなんでもいいぜ!
どうせオレの勝ちだからな!
対ザンギエフ
苦手意識のせいか?
技にキレがなかったぜ!
対ガイル
今度義姉さんと遊びに来てくれよ!
イライザが来てほしがってるんだ!
対ダルシム
リーチがあるだけじゃ
オレには勝てないぜ!
対バイソン
暴れるだけで
オレに勝てると思ったのか?
対バルログ
おいおい!鏡ばっかり見て
修行してなかったんじゃないか?
対サガット
さすがはあいつの認める男だ!
だが生憎オレもあいつのライバルなんでな!
対ベガ
お前の時代は終わったんだよ!
二度と顔見せるなよ!
対クリムゾン・ヴァイパー
結局お前はどこの何者なんだ?
返答によっちゃ ただじゃ済まねえぜ
対ルーファス(プレイヤー)
全米一になりたけりゃ
コメディアンで目指したらどうだ?
対ルーファス(ライバル戦)
は?いや、オレがケン・マスターズだって!
影武者?なに言ってるんだ一体?
対エル・フォルテ
まあ世界は広いし
こういう料理もどこかにはある…のか?
対アベル
実力はあるようだが
駆け引きはまだまだだな!勉強しな!
対セス(プレイヤー)
態度の割には特に目新しい技は無いな
あまりがっかりさせないでくれよ!
対セス(ラスボス戦)
改造するにしても、もう少しマシな
デザインはなかったのかい?
対豪鬼
オレはオレのやり方でお前を倒してみせる!
そう決めたんだ!
対剛拳
それで師匠
言い訳ぐらいはしてくれるんでしょうね
対さくら
ずいぶん強くなったなあ!
こりゃオレもうかうかしてられないな!
対フェイロン
で?カメラはどこにあるんだ?
対ダン
おーい
もう気絶しちまったのか?
対キャミィ
そんなにブスッとするなよ
可愛いのが台無しだぜ!
対元
その年まで闘ってきてオレに勝てないんじゃ
そろそろ引退の時期ってことだな!
対ローズ
占いはいいことだけ信じることにしてるんだ
今日はオレが勝つ!とかな!
対ディージェイ
ラフファイトならいつでも大歓迎だぜ!
Dude!
対サンダー・ホーク
お前みたいなヤツと出会えるから
ファイトはやめられないね!
対ダッドリー
やっぱボクシングはすごいな!
あんたみたいな相手に会うとそう思うぜ!
対いぶき
わかったわかった
子供扱いして悪かったよ お嬢ちゃん
対まこと
若いのにやるなあ!
竜胆館 いい道場になりそうだな!
対アドン
もう少しサガットの下で修行した方が
よかったんじゃないか?
対コーディー
まあ気の済むまでやってみろよ
迷う時ってのは誰にでもあるもんだしな
対ガイ
オレも赤は好きだけど
忍者が着ていい色なのかそれ?
対ハカン
焦げてるけど大丈夫か?
っていうか多分オレの技とは相性悪いぜあんた…
対ジュリ
うわ、あっぶねえな!
その目、一体なんなんだ!?
対ユン
帽子ばっかかぶってると
ムレて頭が薄くなっちまうらしいぜ?
対ヤン
ははっ好きだぜ!威勢がいい奴は!
また相手になってやるよ!
対殺意リュウ
ほ…本当にお前なのか?
どうしちまったんだ?リュウ!
対狂オシキ鬼
イライザ…
約束通り元気に帰れそうだぜ
対ヒューゴー
もっとデカさを活かす方法を考えな
今のままじゃ、単なる的だ
対ポイズン
プロレス?遠慮しとくよ
鞭で殴られるのは趣味じゃないからな
対ロレント
オレを倒したかったら
次はヘリでも持ってくるんだな!
対エレナ
悪いな ダンスも嫌いじゃないが、
戦いの方がオレには合ってるみたいだ
対ディカープリ
おい待てよ 俺の勘違いじゃなければお前は・・・
一体どうなってやがるんだ?


アレンジコスチューム

アレンジ衣装1(スト4波動昇龍パック搭載)
スト4でボツになった黒人キャラのコスチュームを流用したものと思われる(アートワーク参照)。
スニーカーを履き、金のネックレスを着けて、ちょっぴりゴージャスなイメージ。
また、全体的に胴着の生地が良くなっており、上半身の胴着がガウンのようなものに変化。
よく見ると、帯の色も黄色に変わっていて、新たに「弱肉強食」の文字が刻まれている。

アレンジ衣装2(スパ4スーパー波動昇龍パック搭載)
カウボーイハット、フリンジの付いたギア、ウェスタンシャツとベストを合わせた、ロデオカウボーイスタイル。
「シャップス」と呼ばれる乗馬用のオーバーズボンに、カウボーイブーツには拍車まで付いており、なかなか本格的なコスチュームと言える。
(カウボーイ用品の詳細は カウボーイ・ギア を参照)
ちなみに2丁拳銃を装備しているが、早撃ちが出来たりはしない。

アレンジ衣装3(スパ4ウルトラ波動昇龍パック搭載)
タンクトップ、スパッツというトレーニングウェアスタイルに、ZERO時代のケンをイメージさせる長髪が印象に残る。
アレンジ衣装1と2に比べるとやや地味だが、こういうカジュアルなスタイルは新鮮だろう。
ページトップへ▲

カラーバリエーション

オリジナル


番号 カラー 詳細
01 BGCOLOR():
02 BGCOLOR():
03 BGCOLOR():
04 BGCOLOR():
05 BGCOLOR():
06 BGCOLOR():
07 BGCOLOR():
08 BGCOLOR():
09 BGCOLOR():
10 BGCOLOR():

アレンジコスチューム

番号 カラー 詳細
01 BGCOLOR():
02 BGCOLOR():
03 BGCOLOR():
04 BGCOLOR():
05 BGCOLOR():
06 BGCOLOR():
07 BGCOLOR():
08 BGCOLOR():
09 BGCOLOR():
10 BGCOLOR():
※スト4のセーブデータがあれば選択可

スーパーアレンジコスチューム

番号 カラー 詳細
01 BGCOLOR():
02 BGCOLOR():
03 BGCOLOR():
04 BGCOLOR():
05 BGCOLOR():
06 BGCOLOR():
07 BGCOLOR():
08 BGCOLOR():
09 BGCOLOR():
10 BGCOLOR():

ウルトラアレンジコスチューム

番号 カラー 詳細
01 BGCOLOR():
02 BGCOLOR():
03 BGCOLOR():
04 BGCOLOR():
05 BGCOLOR():
06 BGCOLOR():
07 BGCOLOR():
08 BGCOLOR():
09 BGCOLOR():
10 BGCOLOR():


メモ

編集して欲しいネタや未編集、編集予定のネタはここに。
  • >グラ潰し技について
    屈中P→使い勝手がよくてヒット確認から移動昇龍、大足が入る(ほとんど昇龍だけど)
    近中K→コアシの姿勢が低いキャラには当たりづらいかったり、最速暴れ等々に負けるが、カウンターヒットしたときウルコンが入るぐらいのリターンはある。個人的には近中Kはウルコンを狙うときにしか使わない。ちなみに紅蓮選んでるとき、神龍拳はビタだから外しやすくフルコン確定。
    近中P→これは近中Pというかタゲコングラつぶし。2012から二段目をディレイかけられるようになってヒット確認が余裕。ヒットしてたら昇龍、ガードでも波動でキャンセルすれば距離が離れて確反受けず。
    近大K→姿勢の低いキャラとかにも有効。とりあえず波動でキャンセルしといて当たってたらセビキャンとか
    近大P→これはネタ。カウンターヒットならノーキャンセルで昇龍が繋がる。
    屈中K→ちょい下がりでグラつぶし気味に、波動キャンセル。ローリスクである。投げも小技暴れも届かない。 -- (管理人) 2014-04-28 21:13:03
  • ケンつよい? -- (無) 2014-06-16 19:39:35
  • 対ヒューゴー
    もっとデカさを活かす方法を考えな
    今のままじゃ、単なる的だ -- (Blade-2604) 2014-09-14 12:33:00
  • カウボーイ -- (名無しさん) 2016-04-18 15:03:49
  • ファイアアッパー! -- (名無しさん) 2016-04-25 12:46:01
  • お前金くれよ -- (M、バイソン) 2016-04-25 13:13:48
  • うぜえんだよテメエ、燃えるのが好きなら黒焦げにしてやろうか? -- (KDASH) 2016-06-07 15:38:50
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る