※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bullet


物理シミュレーションライブラリ、描画はOpenGL(というかGLUT)を用いる

COLLADAファイルの読み込みのデモプログラムがあったりするが、読めたり読めなかったりで微妙。
他にも、デモプログラムなのにコメントが少なかったり、Extraのライブラリのインストールが手動だったりと若干めんどくさい処もあるが、導入さえきちんとやってしまえば簡単に物理シミュレーションが出来る。

目次


Macの場合

インストール

cmake -DBUILD_SHARED_LIBS=ON -DFRAMEWORK=ON \
           -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/Library/Frameworks \
           -DCMAKE_INSTALL_NAME_DIR=/Library/Frameworks
make
make install

コンパイル

OpenGL用のFramework(-framework OpenGL -framework GLUT -framework Foundation)とBulletのFramework(-framework BulletCollision -framework BulletDynamics -framework BulletSoftBody -framework LinearMath)が必要です。

Demosのコンパイルには"Demos/OpenGL"内のファイルと、物によっては"Extra"内のライブラリが必要です。

DemosのプログラムのMakefileの例
PROGNAME = BasicDemo

SUPPORTFILES = ../OpenGL/*.cpp
incSUPPORT = -I../OpenGL

SRCFILES = $(PROGNAME).cpp main.cpp $(SUPPORTFILES)

CXX = g++ -O2 -Wall

libGL = -framework OpenGL -framework GLUT -framework Foundation
libBULLET = -framework BulletCollision -framework BulletDynamics -framework BulletSoftBody -framework LinearMath

INCLUDES = $(incSUPPORT) 
LIBS = $(libGL) $(libBULLET)

all:
$(CXX)  $(SRCFILES) $(LIBS) $(INCLUDES) -o App$(PROGNAME)

clean:
rm -rf App$(PROGNAME)