※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タ・プローム【世界遺産】



タ・プローム(Ta Prohm)は、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世。

修復計画

この遺跡は大自然と接しているため熱帯の巨木の浸食が激しく、三重の回廊に覆われたタ・プロームの遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。一般に遺跡の修復というものは、崩れている石材を積みなおし、失われた部材は補充してかつての姿を取り戻すために、作業計画を立案する。しかし、タ・プロームから巨木を切り払い、崩れている石材を元に戻した場合、この遺跡の魅力はなくなってしまうのではないのだろうか。だがこのままほうっておけば、遺跡は跡形もなく崩れ去ってしまうかもしれない。 2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である。

観光ポイント☆


●中央祠堂北東側の祠堂内で胸をたたくと反響する。ここで胸をたたいて反響しない人は悪人だと言われているそう。

●映画「トゥームレイダー」の撮影現場となった。

●マチュピチュ遺跡と一緒に、宮崎駿監督の「天空の城 ラピュタ」のヒントとなったと言われている。
|
添付ファイル