Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

境界線上のホライゾン Ⅱ<上>


フフ、

気づいてみたら未来が見えてる 一寸先は闇じゃなくて前なのよ的な

姦し道中前進中


概要

発行日4/20/'12
ページ数191

あらすじ


 三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春。衝動にかられて雅楽祭にバンド出場しようかと思い悩んだ浅間・智は客観的に見ればミトツダイラに朝の告白で深揉みされてマーキングを促したところをマル・・・、ナイトに録音されたりもしたが、女だらけのデート大会で立体的に憤りをかんじられたりお互いに白いものを掛け合ったりもしたが三人の中で格差社会の犠牲者であるミトツダイラの運命や如何に。
 しかしそれでもいいじゃないか。薄いには薄いなりの利点がある。ハイじゃあ先生それ解らないから他の人答えなさい。いや鈴、無理に答えようとしなくていいから。アンタ薄くなくて細いだけだし。あと女装は手を挙げるな。泣かない。
 誰よ隙間家具の利点とか言うの。
 アデーレ隙間家具説。いやアデーレまだ名前出てない。これからだわ。こっち見んな。まだ描いてないから大丈夫よ。
 ともあれ何だ。そろそろ風呂に入りたくないかしら。デートついでに風呂で一発。一発何だ。そんな感じで「きみとあさまで」Ⅱ<上>スタート。

各章

章題扉絵配点
第九章上下の振り返り人本田・正純お年頃
第十章湯貯まり槽の浸かり娘向井・鈴思考時間
第十一章初場所の覗かれ娘直政/アデーレ・バルフェット透けプレイ
第十二章階位の計測者“武蔵”後ろを隠す
第十三章外出の門限娘達テュレンヌ公捕食
第十四章長方上の陣者“奥多摩”RPGみたいですよねー
第十五章狩場の乱入者非竜刀核心