Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

境界線上のホライゾン Ⅳ<上>


——大丈夫かな。


概要

発売日9/10/'11
ISBN978-4048708050
価格810円
ページ数673

あらすじ

  
 武田との歴史再現のため三方ヶ原の戦いに臨んだ武蔵。だが、強引な解釈による羽柴の登場により初めての敗北を喫してしまった。そして今、武蔵は関東IZUMOの巨大な浮きドッグ”有明”で大改修を受けていた。  そんななか、関東の北に存在する奥州列強――伊達、最上、上越露西亜との協働について武蔵は模索を始める。しかし、各勢力もそれに対し動き始め……。  様々な過去と思惑を秘めた奥州列強と、果たして武蔵はどのように向き合っていくのか――⁉  各国に分割統治された中世の神州・日本を舞台に繰り広げる、壮大な戦国学園ファンタジー、第4話ついにスタート!

各章

章題扉絵配点
序章くねり流れの足着き人達-自由主義
第一章不明足場の先見者達立花・宗重/立花・誾押さえ込み
第二章隠れ空の隠れ者猿飛・佐助/霧隠・才蔵
第三章穴あき場所の覗き屋葵・トーリ/アデーレ・バルフェット面倒だしー
第四章暗中奥の揃い人 高望み
第五章現場倉庫の演技者達トゥーサン・ネシンバラ右手
第六章二重在所の会合人ホライゾン・アリアダスト/浅間・智どちらも
第七章見えず場所の相談者メアリ・スチュアート/点蔵・クロスユナイト戦術と戦略
第八章白き野の生え抜き達雰囲気
第九章天井上の戸惑い娘本多・正純彼我
第十章天井上の謀り娘キヨナリ・ウルキアガ国家存亡
第十一章黒き空の死人姫ノヴゴロド
第十二章白き野の変わり者御市勝利の意味
第十三章祭後の会話人御市人生
第十四章二重場所の一息娘本多・忠勝/鹿角/本多・二代振り返り
第十五章崩れ場所の観測者本多・二代探せ
第十六章崩し場所の捏造屋葵母/本多・二代ガセ
第十七章会議場前の板書男トゥーサン・ネシンバラ人騒がせ
第十八章夢奥の小娘マティアス/羽柴・藤吉郎好奇心
第十九章朝日落ち場の正座娘“武蔵”/“奥多摩”自問
第二十章岩場の宿り人達伊達・成実隠し事
第二十一章未明の不明人浅間・智/ネイト・ミトツダイラ後悔
第二十二章霧立つ庭の冴え者“品川”テンション
第二十三章青の場の青き思い人里見・義康/アデーレ・バルフェット素直に
第二十四章場違いの相談者メアリ・スチュアート誰も彼も
第二十五章過去への下がり手進行方向
第二十六章畳上の感情持ち葵・喜美攻撃
第二十七章街道上の跳ね娘加藤・清正性格
第二十八章将来の相対者ネイト・ミトツダイラ邂逅
第二十九章不安定足場の疾走者福島・正則逡巡
第三十章急ぎ足場の返し手達本多・二代ぎりぎり