※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

餓えた狼 ◆h3Q.DfHKtQ



早朝、I-7地区、ハローワーク前。

今、そこで二人の男が対峙していた。

片や、スーツに身を包んだ日本人。

片や、赤い帽子に、赤いジャンパー、ジーンズとラフな格好の白人。

日本人の名は丹波文七、白人の方はテリー=ボガードという。

あらゆる意味で対照的な外見の二人だが、一つの共通点があった。

二人は、ともに獣であった。

餓えた狼であった。



東方不敗に完膚なまでに敗北した丹波文七は、
武道家として生きる道を捨てる決意をし、
ハローワークへと向かっていた。

流石にハローワークへ向かうのに
下半身が裸の今の格好のままでは不味いと、
運よくデイパックに入っていたフレッシュマンスーツに
着替え、ついでに汗臭い下着も同じく中に入っていた
新しい下着に履き替えていた。

決意のみならず、格好も新たにした文七であったが、
彼の望むものはハローワークには無かった。

中を隅々まで探したものの人っ子一人おらず、
就職はおろか相談すらままならぬ状況であった。

ハローワークを出ながら、文七は残念に思う反面どこかほっとしていた。
そして、そんな自分に気がついた文七は、思うのだった。

やはり、自分には武道家以外の道はないのだと。
あの老人との余りにも大きな力の差に絶望しながらも、
諦めきれぬ自分がいる。
たとえ亀の様な歩みでも、あれに近づきたい。
そう、餓えた獣のように渇望する自分がいる。
自分は・・・・

そう考えたときだった。
殺気を感じて右側を見る。

そこには、ぎらつく獣の目をした、一人の若い男がいた。
赤いキャップに赤いジャケット、長く伸ばした金髪に青い瞳。
そして、血に染まったジーンズ・・・・
男は人殺しだった。

――――――――――――――――――――――――――――――
テリー=ボガードは完全に錯乱していた。
橘右京の突然の死に、今のテリーのように錯乱した
アンディは、テリーに殺意むき出しで襲いかかってきた。

テリーは無論、それに応戦する。
錯乱しきったアンディが、一度も勝ったことが無い、
しかも多少動揺しつつも、心理的には遥かに安定している
テリーに敵うはずがなかった。
事実テリーが勝った。
もし誤算があったとすればそれは・・・

アンディが死んでしまったことだ。

テリーに殺意などある筈もない。
それは完全な事故。不幸な偶然が生み出した結果に過ぎない。

しかし、テリーにはそんな事は関係がない。
義理とはいえ、たった一人の弟を手にかけたのは紛れもない事実。

この事実にテリー=ボガードは狂った。
――――――――――――――――――――――――――――

舞台はハローワーク前に戻る。
弟を死なせてしまったテリーは、耐えきれぬ悔恨と、
やり場のない怒りに、完全に支配されていた。

彼は求めていた。
自分の中で渦巻くこの黒い感情の奔流をぶつける相手を。
そしてその願いはかなった。

テリーは構えをとった。
それは彼が師たるタン=フー=ルーより受け継ぎし八極聖拳。
テリーは目の前の男の技量を見切り、
自分の相手に足るとみたのだ。

文七もまた構えをとった。
それは彼の武術の根本たる空手の構えだ。

文七には戦う理由などない。
彼は武道家だ。目の前に強い奴がいて、自分に挑んでくる。
それだけで十分だった。


二人の男は構えたままにらみ合い、そして二人とも笑った。

それは野獣のような獰猛な笑み。

二人は、紛う事無き餓狼だった。

【I-7 ハローワーク前 /早朝 一日目】

【丹波文七@餓狼伝】
【外見】フレッシュマンスーツ
【状態】極度の興奮状態
【装備】なし
【道具】基本支給品一式
【目的・方針】強者と闘う
【思考・行動】
1:目の前の男と闘う
[備考]
※完全に自信を取り戻しました。

【テリー・ボガード@餓狼伝説】
【服装】いつもの帽子とかジャンパーとか
【装備】なし
【状態】錯乱状態(バーサーカー?)
【持ち物】支給品一式、ランダム支給品(未確認)
【思考】 実力相応の者と戦う(結果相手の生死は問わない)
1:眼の前の男と闘う
[備考]
※強者には無差別に戦いを挑みます。

【アンディ=ボガード@餓狼伝説 死亡】
※G-6渓谷内にアンディ=ボガード@餓狼伝説のデイパックが落ちています。


時系列順で読む

Back:湖のほとりで休憩 Next:ヘタレちゃうけどダメかな? ダメ

投下順で読む

Back:選択 Next:エンカウント

道の終わり 丹波文七 ひとり
美形会議? in バトルロワイアル テリー・ボガード ひとり
美形会議? in バトルロワイアル アンディ=ボガード GAME OVER


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|