※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金色の瞳 ◆QkRJTXcpFI



男がいた。
総髪を肩にたれた顔は蒼白く、学者のような感じの男だが、その両眼はとじられたままであった。盲目なのである。

男、名は室賀豹馬という。

(何故わしは生きておる・・・・・?)
豹馬の頭に上った最初の考えはそれであった。
自分は、伊賀鍔隠れ衆が一人、筑摩小四郎の忍法、
「吸息旋風かまいたち」を喰らって死んだはずでは無かったか。

(ここは地獄か・・・・・?)
だとすれば納得できる。気が付けば、何やら広いと思われる場所にいて、
いきなり殺しあえと言われたのだ。
事実、既に一人死んでいる。
このような天魔の所業が平然と行われるのは、正しく地獄と呼ぶにふさわしい。

(とにもかくにも訳がわから・・・ん)

豹馬の耳が、足音を捉えたのだ。
しかもかなり近い。
そして・・・・

「ひゃははははははは!光栄に思いなさい。このゲームにおける記念すべき
唯一神涼宮ハルヒの第一の犠牲者として殺してあげるわっ!!!」
女だ。どうも気がふれているらしい。

「女・・・・・今は夜か?」
豹馬がハルヒに訪ねた。
「ハァッ?見れば解るでしょっ、そんなことっ!!」
「左様か・・・・では・・・・」
豹馬が閉じられていた双眸を開いた。
「死ね」


「ふぅ・・・・夜でなければ危うかったかもしれん・・・・」
豹馬はため息を漏らした。
その足元には、“自ら首を切り落とした”涼宮ハルヒの死体が転がっている。

忍法“猫眼呪縛(ぴょうがんしばり)”

これぞ室賀豹馬の切り札であり、忍法である。
豹馬の閉じられた瞼の裏に潜む金色の瞳に見つめられた者は、
たちまち自殺、あるいは同士討ちをしてしまうのである。
使用できるのは夜間のみであり、敵意を持った対象にしか効果が
無いという欠点は有るものの、それを差し引いても恐るべき忍法であった。

「さて、これからどうすべきか・・・・」
豹馬はそう一人ごちた。

【涼宮ハルヒ@ニコニコ動画バトルロワイアル 死亡 】

【H-4 猫屋敷の外の森 :深夜 一日目】

【室賀豹馬@バジリスク~甲賀忍法帖~】
【服装】:江戸時代の医者姿の装束
【状態】:健康
【装備】:不明
【持ち物】:不明
【思考】
1:さて、どうすべきか・・・・
2:わしは、死んだのではなかったか?

時系列順で読む

Back:神☆降臨 Next:快楽の果てに

投下順で読む

Back:神☆降臨 Next:快楽の果てに

神☆降臨 涼宮ハルヒ GAME OVER
GAME START 室賀豹馬 『偽証の呼びかけ』
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|