※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

\be, \blur 字幕の縁辺をぼかす


書式

  • \be1
  • \be0
  • \be<強さ>
  • \blur<強さ>
 ※ 青字 の書式は VSFilter 2.39以降 でのみ使用可です。
   またソフトサブには向いていません。

説明

字幕の縁辺部をぼかすか否かを切り替えられ、\be1でオンに、\be0でオフになります。
テキストサイズが小さいほど、その効果は見えやすくなります。
縁取りが太いほど、その効果は見えやすくなります。
このタグの効果があるのは字幕の縁辺部のみで、字幕全体に効果があるわけではありません。
縁辺部というのは、字幕に縁取りがある場合は縁取り、縁取りがない場合は字幕本体の外縁部です。

VSFilter 2.39以降 では<強さ>を使って、通常のぼかしを何倍も適用することができます。
<強さ>は整数でなければなりません。

また VSFilter 2.39以降 では\blurを使って、ガウスカーネル法を用いてぼかすことができます。
こちらは\beに比べてより強くぼかすことができます。
また\beと異なり、<強さ>は整数に限らず小数にすることも可能です。
<強さ>を0にすることでエフェクトをオフにすることができます。

  • {\be1}ぼかし有 {\be0}ぼかし無
  • {\be1}縁なしぼかし有 {\be0}縁なしぼかし無 ←スタイル上で、縁太さ0にしています。
  • {\be10}ぼかし10
  • {\blur10}ぼかし10

出力結果(クリックで大きな画像)

  sample_be_01.png sample_be_02.png sample_be_03.png sample_blur.png


名前:
コメント: