※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少年たちと少女と猫と ◆QkRJTXcpFI



「君はどうすべきだと思うんだね?」
「決まってるだろ!!こんな腐った殺し合いを止めて、皆で帰るんだ」

G-10地区、そこの海に停泊している豪華客船「NiceBoat」の
中で、二人の少年が侃々諤々の議論を交わしていた。

一人は、何処にでもいそうな中学生ぐらいの少年。
名前は前原圭一。雛見沢村という田舎の山村でゆったりと暮らす、
口がやたらよく回る点と、“萌”の伝道師という点を除けばごくごく普通の少年だ。

相対するは、前原少年とはあらゆる意味で対照的な、金髪碧眼の美少年であった。
黒い詰襟の軍服のような格好をした彼は、外見に似合わぬ老成した雰囲気を
醸し出していた。
名前はフランツ=フェルディナント。通称、<大佐>。
秘密結社<ショッカー>の幹部にして、
ショッカー箱根基地<ラビュリントス>の司令官だった男だ。
だったというのは当の箱根基地は、壊滅して既にこの世から消え去っていしまっているからだ。
一見すると、白人の美少年だが、実年齢は既に50近くだった。

そんな本来ならば会いまみえることなどあり得ない二人は偶然、
このゲームの開始地点が同じ船の、同じ部屋だったが為に、
こうして出会うこととなったのだ。


この二人が何について議論を交わしているかと言えば、
このゲームにおいて自分たちはいかなる行動をすべきかという事である。
前原圭一は、積極的にこのゲームをぶっ潰しに行くつもりだ。
前原圭一は正義感の強い少年である。
無論、それは彼が過去に犯した過ちの反動という側面もあるのだろうが、
このような非道を許せるような少年では無かった。

一方、フランツ=フェルディナントは・・・・はっきり言って何をする気も無かった。
ゲームに乗るつもりもないが、ゲームを壊しにかかるつもりもない。
殺されるならば殺されてもいい、そう考えるほどに無気力だった。

彼、フランツ=フェルディナントは二重の意味で死人だった。
一つは、何かをなす意思を持たない、生ける屍という意味で。
もう一つは、彼は彼自身の事を死人だと思っているからだ。
それも詮無きことだろう。彼は確かに、ここに連れてこられる直前、
<仮面ライダー>本郷猛の手により、燃落ちる箱根基地の中枢部で
倒されたのだ。
確かに死んだ。人工心臓をキックで貫かれ、死んだはずだった。
しかし、自分は生きている。何故かはわからない。
ただ、確かに生きている。

だが、そんな事はどうでもいいと<大佐>は思っていた。
本郷猛との死力を尽くした決闘を経た今、彼に生きる意志は無かった。
元々、祖国を失い、戦争に敗れてからは惰性で生きてきたようなものだ。
本郷との決闘で、戦士として戦うとき戦えなかった未練も晴らした今、
彼に生きる意味はない。

しかし、目の前の少年を見ていて気分が変わってきた。
少年、前原圭一は自分を必死に説得していた。
あの手この手、おおそんな言い方もあるか、と感心させるほど、
よく回る口で自分を説得していた。
生きる気力が無いという自分に生きろ、戦ってくれ。
そして俺に協力してくれと。

この前原圭一という少年は輝いていた。
生きる意志、戦う意志によって、その魂は熱く燃え盛っていた。
それはかつて自分が持っていた物、そして永遠に失ってしまった物だ。
だからそう言ったのかもしれない。
「いいだろう。君に協力しよう」
と。


「それじゃ、とりあえずこの船の中を探索するとするか」
「うむ。他の参加者がいたり、何か役に立つような物があったりするかも
しれんからな」
その後、名簿や地図を確認し、まずはこの豪華客船の中を二人で探索することとなった。
上の会話の如く、参加者がいるかもしれないし、何か役に立ちそうな物があるかもしれない。

(待ってろよ・・・・梨花ちゃん、沙都子、レナっ!!必ず俺が助けてやる)
デイパックの中に入っていたワルサーPPKを握りしめながら、
前原圭一はそう考える。
このゲームに参加させられていた、三人の“仲間”。
助けねばならない。この命に代えても。

(本郷猛・・・・・できればもう一度会いたいものだ・・・)
<大佐>はそう考えて、笑みを浮かべた。あの真っ直ぐな男が
この非道極まる殺人ゲームで如何に足掻くか、興味があった。
(走れ、本郷猛。お前の正義の心のままに・・・・)

二人の「少年」はそれぞれの思いを胸に、船の奥へと潜っていった。

【G-10  NiceBoat内部、廊下:深夜 一日目】

【前原圭一@ひぐらしのなく頃に】
【服装】:ワイシャツにズボン
【状態】:健康
【装備】:ワルサーPPK(弾丸数24発)@現実
【持ち物】:双眼鏡、基本支給品
【思考】
1:このくそったれなゲームをぶっ壊す
2:命に代えても部活仲間を助ける。
[備考]
※本編終了後からの参戦です。

【フランツ=フェルディナント@仮面ライダー 誕生1971】
【服装】:黒い詰襟の軍服
【状態】:健康
【装備】:特殊警棒@現実
【持ち物】:ねこ缶、基本支給品
【思考】
1:前原圭一に協力する
2:本郷猛の事が少し気にかかる
[備考]

<黄金狼男>に変身できます。
能力には制限がかかります。
制限に気付いていません。


一方、圭一の部活仲間、竜宮レナはというと・・・・

「はぅぅぅぅぅぅっ!!!ネコさんたちかぁいいよぉぉぉぉぉぉっ!!
お持ち帰URYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!」

猫屋敷で猫と戯れていた。

【H-4 猫屋敷 一階 : 深夜 一日目 】

【竜宮レナ@ひぐらしのなく頃に】
【服装】:白のワンピース、白い帽子
【状態】:極度の興奮状態
【装備】:不明
【持ち物】:不明
【思考】
1;かぁいいよぉぉぉぉっ!!!

時系列順で読む

Back:わたしのおにいちゃん Next:熱いぜマイキーさん

投下順で読む

Back:わたしのおにいちゃん Next:熱いぜマイキーさん

GAME START 前原圭一 すれ違い
GAME START フランツ=フェルディナント すれ違い
GAME START 竜宮レナ 猫屋敷の猫
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|